EMISUIのリアルな評判・口コミを4つ集めてみた~料金やキャンペーン情報、解約方法や違約金も解説

「EMISUIって防災に特化しているらしいけど、どんな特徴があるの?」

「EMISUIの料金や解約方法、違約金について知りたい!」

災害に対して日々の備えが大切だと言われていますが、毎日使うウォーターサーバーと水が防災のために役立ったら嬉しいですよね!

しかもそんな水がおいしくて安全だったら、もう大満足でしょう。

そんな希望を叶えてくれるのがEMISUIです。

EMISUIには次の特徴があります。

  1. いつでも冷水・温水を利用できる
  2. おいしくて安全な水で、赤ちゃんも飲むことができる
  3. 水が備蓄になる
  4. ウォーターサーバーに防災機能が付いている
  5. ウォーターパックが扱いやすい
  6. メンテナンスを簡単に行える
  7. チャイルドロックを付けられる
  8. 電気代を節約できる
  9. 水の配送休止に手数料がかかる場合がある
  10. 沖縄と一部の離島には取り扱いがない
  11. 契約を満了せずに解約すると違約金がかかる

EMISUIは防災面だけでなく、普段使用する際にもメリットがたくさんあります。

しかしライフスタイルと合わなければ、デメリットに感じられる点もあるでしょう。

今回は、EMISUIについて詳しくご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

EMISUIのリアルな評判・口コミまとめ

EMISUIのリアルな評判や口コミをまとめました。

EMISUIの悪い口コミ・評判

EMISUIの悪い口コミや評判を見ていきましょう。

水のパックの容量が少ないため、頻繁に交換しなければなりません。特に暑い夏場などは交換の回数が多く、面倒です。
値段が高めのように思います。もう少し抑えられたら嬉しいのですが。

水のパックの容量に対する声が見られました。値段に対する不満がある方もいるようです。

EMISUIの良い口コミ・評判

良い口コミや評判を見ていきましょう。

水が天然水でとてもおいしいです。防災のためも兼ねたメーカーだそうですが、普段からおいしい水を飲めて満足です。

ウォーターサーバーに備蓄のための便利な機能があり嬉しいです。しっかり活用しています。

水の味に対する喜びの声が見られました。災害に備えた備蓄のための機能も好評のようです。

EMISUIの2つの注意点・デメリット

EMISUIには、2つのデメリットがあります。

  1. 水の配送休止は手数料がかかる場合がある
  2. 沖縄と一部の離島には配送されていない

それぞれを詳しく見ていきましょう。

  1. 水の配送休止は手数料がかかる場合がある

EMISUIの水は定期配送されますが、1ヵ月間休止することができます。

2ヶ月以上続けて休止すると、2ヶ月以降から休止手数料を支払わなければなりません。

休止手数料はウォーターサーバー1台につき、1ヶ月1,080円(税込)です。

  1. 沖縄と一部の離島には配送されていない

残念ながら、EMISUIは沖縄と一部の離島への配送は行われていません。

今後、宅配エリアが拡大することに期待しましょう。

EMISUIの9つの特徴・メリット

EMISUIには次の9つの特徴・メリットがあります。

  1. 冷水と温水をいつでも利用できる
  2. 水がおいしくて安全
  3. 赤ちゃんも飲める
  4. 備蓄になる
  5. ウォーターサーバーに防災機能が付いている
  6. ウォーターパックが扱いやすい
  7. 使い切った後のウォーターパックの処分が簡単
  8. メンテナンスが簡単
  9. チャイルドロックを付けられる

これらの特徴・メリットについて詳しく見ていきましょう。

  1. 冷水と温水をいつでも利用できる

EMISUIのウォーターサーバーは、冷水と温水をいつでも利用することができます。

水温は冷水が約5℃、温水が約90℃です。

飲料水としてはもちろん、お茶やコーヒーを淹れたり、料理を作ったりする際も便利ですね。

  1. 水がおいしくて安全

EMISUIの水は、富士山の開発可能限界区域内の井戸の水を採水しています。

バナジウムという貴重なミネラルが含まれた、おいしい天然水です。

1ヶ月に1度サンプリングして、放射線物質が含まれていないかの検査を行っています。

もちろん放射線物質は検出されていません。

検査の結果を毎月公開しているため、安心して飲むことができるのです。

  1. 赤ちゃんも飲める

EMISUIは軟水のため、赤ちゃんも飲むことができます。そのため、ミルク作りも可能です。

災害等で万が一、水道が使えなくなってしまった際も、EMISUIがあればミルク作りに困ることはないでしょう。

  1. 備蓄になる

EMISUIは水が定期配送されるので、日常で消費しながら、常に新鮮な水を備蓄することができます。

普段から愛用している水がそのまま備蓄になるため、もしもの際も安心して飲むことができるのです。

飲料水の備蓄の際に気になる問題といえば、大量の水の保管場所や賞味期限の管理などでしょう。

EMISUIを利用することで、それらを解決できます。

  1. ウォーターサーバーに防災機能が付いている

ウォーターサーバーには、災害で自宅避難した際のための防災機能が付いています。防災機能は次の3つです。

  • 収納ボックスが付いている
  • 非常灯が付いている
  • 停電しても常温の水を出せる

ウォーターサーバーのロングタイプには、収納ボックスが付いています。

防災グッズを収納できるのでたいへん便利です。

また、停電の際は非常灯が点きます。

夜に停電した場合も、ウォーターサーバーがどこにあるのかが分かるので安心です。

そして停電の際も、常温の水を出すことができます。

もしも水道の水が出なくなってしまっても、飲料水に困ることがありません。

  1. ウォーターパックが扱いやすい

ウォーターパックの容量は7.2リットルとなっています。

そのため力の弱い高齢者や女性でも、交換や持ち運びがしやすいでしょう。

ちなみに、ウォーターパックは食品衛生法で定められた容器包装試験の基準に合格しており、安心・安全なパックだと言えます。

  1. 使い切った後のウォーターパックの処分が簡単

使い切ったウォーターパックは、家庭のごみと一緒に処分することができます。

ウォーターパック素材はポリエチレンのため、不燃ごみです。

パックの回収がないため、保管や引き渡しのための手間などがかかりません。

また使い切りなので、衛生面でも安心です。

  1. メンテナンスが簡単

ウォーターサーバーは簡単にセルフメンテナンスを行うことができます。

セルフメンテナンスのやり方は次の通りです。

お手入れ方法 ※詳細は取扱い説明書をご覧ください。

①2~3日毎に行っていただきたいこと。

背面のクリーンボタンを押して、サーバー内をクリーニングしてください。

②2週間を目安に行っていただきたいこと。

(汚れが気になったら行ってください。) クリーンキャップ、インナーノズル、ドリップトレイ、アタッチメント、ニードル配管の洗浄

③1カ月を目安に行っていただきたいこと。

サーバー背面の放熱部分のホコリ取り

引用 よくあるご質問|EMISUI

  1. チャイルドロックを付けられる

ウォーターサーバーの初回配送の際に、チャイルドロックが付いてくるので、必要に応じて設置することができます。

小さな子供のいるご家庭でも安心して利用することができますね。

EMISUIの2つのデザイン

EMISUIのウォーターサーバーには、次の2つのデザインがあります。

  1. ロングタイプ(L型)

ロングタイプは床置き型のウォーターサーバーです。

サイズは「幅300mm×奥行340mm×高さ1,235mm」となっています。重さは22.0kgです。

  1. ショートタイプ(S型)

ショートタイプは卓上型のウォーターサーバーです。

サイズは「幅300mm×奥行340mm×高さ775mm」重さは17.0kgです。

それぞれ、色はシャイニーブロンズ、シェルホワイト、アーバンブラックの中から選べます。

契約後にウォーターサーバーのタイプや色を変更することはできますが、サーバー変更手数料5,400円(税込)を支払わなければなりません。

EMISUIの利用料金・価格情報

EMISUIの費用は、主に以下の4つの料金に分けられます。 

  1. ウォーターサーバーレンタル料 

ウォーターサーバーのレンタル料は無料です。無料でレンタルできるのは嬉しいですね!

  1. 水とウォーターサーバーの送料

水とウォーターサーバーの配送料も無料です。

配送料がかからないのは、長期的に見てもかなりお得だと言えるでしょう。

ただし、受け取り拒否や長期不在で水を受け取らなかった場合は、商品の配送料として1配送につき1,080円(税込)を支払わなければなりません。

  1. 水の料金

水の料金は、7.2リットルの1パック1,248円(税込)です。

1箱に4パック入っているため、1箱あたり4,992円(税込)になります。

  1. ウォーターサーバーの設置料

通常の場合、ウォーターサーバーの設置は各自で行うため無料です。

設置してもらいたい場合は、2,160円(税込)で設置をお願いできます。必要に応じて利用しましょう。

EMISUIの購入・注文の手順を解説

EMISUIの購入は、公式サイトや電話で行うことができます。

電話で申し込む際は、お客様サポートセンター(0120-223-412)へ連絡しましょう。

受付時間は9:00~17:00 で、年末年始は対応していません。

公式サイトから申し込む際は、お申込みページから行えます。

初めて申し込む際の手順を見ていきましょう。

  1. 公式サイトのお申込みページでウォーターサーバーの種類を選ぶ
  2. 名前、住所、連絡先などのお客様情報を入力する
  3. 配送に関する情報を入力する
  4. 入力内容を確認して申し込む

表示される内容に従って入力するだけなので、簡単に申し込むことができます。

EMISUIを解約する方法や、違約金についても紹介

解約する場合は、お客様サポートセンターに電話しましょう。

ウォーターサーバーの返却方法などの解約に関する情報を案内してもらえます。

こちらの都合で契約や交換から2年未満で解約する場合は、解約金を支払わなければなりません。

解約金はウォーターサーバー1台につき9,720円(税込)です。

契約終了後は、指示に従って速やかにウォーターサーバーを返却しましょう。

返還請求から30日経っても変換しなかった場合、ウォーターサーバー1台につき32,400円(税込)を支払わなければなりません。

EMISUIに関するギモンにまとめて答えます

EMISUIに関する疑問をまとめました。

契約する前にぜひ確認しておきましょう。

EMISUIを稼働すると月額の電気代はどれくらいかかる?

ウォーターサーバーには、省エネモードがあります。

省エネモードを使用した場合の電気代は、月額およそ680円程です。

使用の頻度や環境などの状態によって多少は前後しますが、最大でおよそ70%も電気代を節約することができます。

EMISUIが故障したときはどうすればいい?

EMISUIが故障した場合は、お客様サポートセンターに電話しましょう。

こちらに原因のある理由で故障や破損を招いた際は、ウォーターサーバー1台につき32,400円(税込)を支払わなければならない場合があります。

そうならないためにも、正しい使い方を守って丁寧に扱いましょう。

EMISUIの水の配送の頻度は?最低で注文しなければいけない本数はある?

水の配送の頻度は、毎週、2週間、3週間、4週間ごとの中から選べます。

配送の曜日も指定できるので安心です。

時間指定もでき、「午前中」「12-14時」「14-16時」「16-18時」「18-20時」「19-21時」の中から選べます。

細かく指定できるので、ライフスタイルに合わせやすいでしょう。

初回の配送日は、申し込んだ日から10日以降・3ヶ月以内の期間から選ぶことができます。

最低で注文しなければいけない本数は、7.2リットル×4パックで1箱です。

EMISUIの販売会社の会社情報

EMISUIは大和ライフネクスト株式会社が販売しています。

本社は〒107-0052 東京都港区赤坂5-1-33です。

まとめ

EMISUIは防災対策に特化したウォーターサーバーです。

収納スペースや非常灯がついていて、停電の際も常温の水を出すことができます。

水も定期配送なので備蓄を兼ねることができるでしょう。

常に冷水・温水を使用できたり、メンテナンスやウォーターパックの扱いやすさに工夫が施されていたりと、日常で使う分にも十分便利な商品です。

水もおいしいだけでなく、赤ちゃんが飲めるほど安全な水なので安心して飲むことができます。

ただし定期配送の休止手数料や違約金等の制度もあるので、契約の際はライフスタイルと合っているかをよく考えましょう。

参考サイト:EMISUI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です