天のめぐみのリアルな評判・口コミを6つ集めてみた~料金やキャンペーン情報、解約方法や違約金も解説

天のめぐみは、業界内でも激安と言える価格でウォーターサーバーを提供する会社です。

宅配料が無料なのは勿論、ウォーターボトル自体も1本600円から利用できる珍しい業者です。

今回はそんな天のめぐみについて調査してみました。

天のめぐみのリアルな評判・口コミまとめ

天のめぐみを実際に利用している人の口コミを集めました。

自社配送エリア外ではプラスの費用が掛かる以外、基本的に悪い口コミはなく、安心して契約できそうです!

天のめぐみの悪い口コミ・評判

1本1,000円と格安で利用できそうだったので、問い合わせましたが、自社配送エリアの場合のみということで、関東に住んでいる私はその恩恵を受けることができませんでした。
今後営業所が拡大して、関東も自社配送エリアに含まれることを期待しています。

 

支払い方法が、引き落としか現金のみということでクレジットカードを使えないのは不便だと感じました。今後クレジットカードも使えると嬉しいです。

天のめぐみの良い口コミ・評判

1本あたりの価格が安い業者を探していました。色々比較しましたが、1本1,000円でウォーターボトルが買える業者は天のめぐみ以外見つかりませんでした。しかも、水券を買うと、1本900円で購入できるので、他社の半額以下でウォーターサーバーが利用できるので、家計的に非常に助かっています。しかも安いだけでなく、味も美味しいので、飲料水としてだけでなく、お米を炊くときや料理の時などにも使用しています。

 

友人の紹介で契約しました。ほとんどの業者が2本1セットでの納品だったので、1本から発注できる天のめぐみは自分のライフスタイルにピッタリです。必要な本数だけ注文できるので、1人暮らしで狭い部屋ですが、余分在庫を抱えることなく利用できています。

 

子どもが生まれ、赤ちゃんのミルクを作る用のウォーターサーバーでいいものが無いかさがしていたところ、天のめぐみを見つけました。水の安全性が高く、かつ軟水でミルクを作るのに適した水だったので、助かっています。まだ子どもは小さいので、ウォーターサーバーを勝手に触ることはないですが、もう少し大きくなったときにも、ウォーターサーバーにチャイルドロックがついているので、安心して利用できそうです。また、1本あたりの価格がおもったより安かったので、ミルクを作るだけでなく料理や飲み水としても沢山利用しています。主人も前はコンビニで水を買っていましたが、今では自宅でウォーターサーバーの水をボトルに入れて職場に持っていくようになったので、無駄な出費が減りました。

 

宅配で契約をしていましたが、ボトルの返送が面倒と感じていました。しかし、最近使い捨て用のボトルがでて、置く場所をとらなくなったので助かっています。ボトルの料金がやや高くなりましたが、自宅で捨てられるようになったので、今は使い捨て用のボトルを愛用しています。

天のめぐみの2つの注意点・デメリット

デメリット1:自社配達エリア外の場合はウォーターサーバー本体の購入が必要

天のめぐみは、大阪・滋賀・京都市内が自社配送エリアですが、それ以外の地域の場合は宅配配送になります。

その場合、ウォーターサーバーはレンタルではなく、1体23,100円で購入しなければなりません。

さらにウォーターボトル本体も、自社配送エリアの場合1本1,000円で購入できますが、宅配の場合は1本1,600円、かつ2本1セットの販売です。

ウォーターボトルの料金はボトルの送料を含めた金額なので、比較的安価と言えますが、配達エリア外で契約する場合は注意が必要です。

デメリット2ウォーターボトルは回収制

天のめぐみのウォーターボトルは自社配送エリアに関してはリユース方式になっています。

そのため、空になったボトルは廃棄せず、次の配達まで保管しなければなりません。

環境にやさしい制度ですが、自宅が狭い場合、オプションで水のボトルを重ねて置けるスタッカーのレンタルも行っているので、そういったものを活用して、空き容器の保管場所を確保しましょう。

天のめぐみの3つの特徴・メリット

メリット1:業界最安値、500mlあたり42円で利用可能

天のめぐみの11.3ℓボトルを、自社配送エリアで水券(10本分9,000円)で購入した場合、500mlあたり42円でウォーターサーバーを利用できます。

他社の場合、業界最安値を謳っていても、500mlあたりの価格は60円~70円のところが多いため、まさに真の最安値業者ということができそうです。

また、ほとんどのウォーターサーバーの業者のウォーターボトルは1本あたり10ℓ以上の水が入っており、女性や高齢の方がボトルを交換するのが大変な重さになっていますが、天のめぐみは6ℓボトルが用意されています。

1本600円で販売していますが、こちらも水券を利用すると安く購入でき、10本5,500円、で購入できます。

500mlあたりの価格は11.3ℓボトルよりも高くなってしまいますが、ボトル交換を簡単にしたい人や、水の使用量が少ない人には6ℓボトルがお勧めです。

メリット2:安心・安全、こだわりの鈴鹿山脈の水

天のめぐみは、岐阜県及び三重県と滋賀県の間にある鈴鹿山脈の地下へ浸透した雨水や雪解け水が、西に広がる丘陵と扇状地である湖東平野に流れ、そこで濾過された地下水を原水として利用しています。

その原水をボトリング工場まで運び、天然成分を残しつつ、3つのフィルターを通して、不純物を完全に取り除きます。

その後衛生的なクリーンルーム内でボトルを自動で洗浄し、充填・キャッピングしたものが各家庭に運ばれます。

詰めたての水を美味しく飲むための期間は開封後2週間以内(未開封の場合は2か月)と決められており、品質に非常にこだわっています。

メリット3:自社配送エリアは1本から配送可能

天のめぐみは、大阪・滋賀・京都市内での契約であれば、ウォーターボトル1本から注文できます。

多くのウォーターサーバー業者は、1本あたりの価格を安く謳っていても、2~3本を1セットとし、複数本注文しなければなりません。

そのため、結局1回あたりの価格が高くついてしまうことがあります。

その点、天の恵みは1本からの配送、かつ水券を購入すると11.3ℓボトルを1本あたり900円で注文できるので、非常にお得な業者と言えます。

天のめぐみの2つのデザイン

天のめぐみのウォーターサーバーは2種類あり、「ショートタイプ」と「ロングタイプ」が用意されています。

リビングテーブルや、キッチン上、ベッド横のサイドテーブルに設置したい場合はショートタイプ、リビングや寝室の開いているスペースに床置きしたい場合はロングタイプを選択してください。

カラーは、白を基調として青や水色のアクセントが入った清潔感のあるデザインです。

冷水温水ともに利用でき、コック式ですが、温水にはチャイルドロック付きレバーを搭載しているので、子どもがいる家庭でも安心して利用できます。

便利なオプションも用意されていて

  • ウォーターボトルを重ねて収納できるスタッカー(430円)
  • コップを収納できるカップホルダー(2,600円)
  • 安心して利用するためのサーバートレイ(860円)

などもレンタルできます。

天のめぐみの利用料金・価格情報

天のめぐみは長期間利用に向いている業者です。通常の購入方法でもかなり安くウォーターボトルを購入できますが、水券で注文するとさらにお得に買い物ができます。

費用は以下の通りです。

・自社配送エリア(大阪・滋賀・京都市内)の場合

サーバー設置当月
サーバー設置登録料 2,160円
サーバーレンタル料 無料
水代 無料(初回設置の際2本分無料でサービス)
利用料合計 2,160円
2か月目以降サーバーレンタル料 無料(ただし、月の配送本数が2本未満の場合500円)
水代 11.3ℓボトル1本1,000円、水券10枚9,000円

6ℓボトル1本600円、水券10枚5,500円

最低利用料 1,100円~(6ℓボトル1本+サーバーレンタル代)

・宅配エリアの場合

サーバー設置初月
サーバー購入費 23,100円
水代 無料(初回設置の際2本分無料でサービス)
利用料合計 23,100円
2か月目以降(宅配配送エリアの場合)
水代 ボトル2本セット:3,200円
送料 無料※空ボトル返送料も無料
最低利用料 3,200円~

天のめぐみの最新キャンペーン・クーポン情報

初回申し込みの際に、1本1,080円のボトルを2本無料でつけてくれます。

今だけの特典になるので、申し込みたい人はキャンペーン実施期間中に申し込みをしましょう。

天のめぐみの購入・注文の手順を解説

では、実際に天のめぐみを自宅に設置する場合、どのように手配するかを説明します。

Step1.専用フォームまたは電話から申し込みをする

問い合わせ番号、0120-454-032に電話をするか、ホームページ右上にある「お問い合わせ」と書かれた青色のタブをクリックし、申し込みをしましょう。

Step2.ウォーターサーバーとボトルを受け取る

Step3.料金を支払う

料金は基本的に口座引き落としになりますが、引き落とし開始までに2カ月ほどかかります。

引き落としが開始するまでは、現金での回収になります。

天のめぐみを解約する方法や、違約金についても紹介

天のめぐみと契約してみたが、思ったより利用をしなかったので解約したい・・・となった場合、解約手続きはどのようにすればよいのでしょうか。

天のめぐみは定期配送契約がないため、違約金というものがありません。

2年縛りの契約の会社が多い中、天のめぐみは良心的な業者と言えます。

そのため、解約する場合は、電話にて解約の申し入れをしましょう。

天のめぐみに関するギモンにまとめて答えます

ウォーターサーバーを初めて設置する際は、分からないことや気になることが沢山でてきます。

代表的な疑問についてまとめて見ました。

天のめぐみを稼働すると月額の電気代はどれくらいかかる?

ウォーターサーバーを導入する際に気になるのが、月々の電気代です。

天のめぐみの場合、3~4人世帯家族がの平均使用本数(4本)あたり、月額800円程度の電気代になります。

電気ポットの電気代が月800~1000円程度のため、電気ポットの場合お湯が沸くまでに時間がかかったり、ポットの掃除が面倒だったりすることと比較すると、同じくらいの電気料金ですぐ温かいお湯が飲める天のめぐみのウォーターサーバーの方がコストパフォーマンスが良いでしょう。

天のめぐみが故障したときはどうすればいい?

ウォーターサーバーが突如故障してしまった際は、天のめぐみのコールセンター(番号:0120-454-032)に問い合わせましょう。

また、そういった故障を防ぐために定期的にメンテナンスをすると故障を防ぐことができます。

希望する場合は2,160円でメンテナンスをしてくれるので、担当者の人に連絡をいれましょう。

天のめぐみの水の配送の頻度は?最低で注文しなければいけない本数はある?

ウォーターサーバーを契約してよくある悩みは、配送頻度が固定されており、使用量より多く配送されたり、逆に水が足りずに毎月追加発注をする手間がかかってしまったりすることです。

まず、店のめぐみの配送本数に関しては、大阪・京都市内・滋賀に関しては、自社配送エリアのため、ウォーターサーバー業者では珍しい、1本からの配送を受け付けています。

それ以外の地域に関しては、2本単位で宅配便での配送になります。

配送頻度は、自社配送エリアに関しては週1回エリア毎に決められた配送曜日に水が届けられますが、毎週水を受け取る必要はなく、必要な週に配送依頼をかけるシステムなので、余分な在庫を抱えたり、水が足りなくなったりする心配がありません。

月あたりの最低配送本数は2本となっており、満たない場合はサーバー使用料500円の支払いが必要ですが、1人暮らしでのひと月あたりの平均使用本数が2本ということなので、基本的に使いきれないことは考えられません。

天のめぐみの販売会社の会社情報

「おいしい天然水は日本国民みんなの宝物です。

その宝を、一人でも多くの人に愛用されみんなと喜びと感謝を共有したい。」という企業理念のもと、ウォーターサーバー事業を展開しています。

会社名 株式会社ナチュレ
設立 平成15年11月4日
本社所在地 〒590-0131 大阪府堺市南区栂188-1

大阪・滋賀・京都市内在住であれば、1本から注文ができる天のめぐみは、とても利用しやすい業者です。

発注も定期配送ではなく都度注文・都度発送なので、1人暮らしや2人世帯など人数が少なかったり、家が手狭だったりする家庭においても利用しやすい制度になっています。

自社配送エリアに住んでいる人は、是非レンタルを検討してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です