ウォーターサーバーおすすめランキング【永久保存版】水の専門家が徹底比較

「家族で安心なお水を飲みたい」

「お水習慣をつけて健康的な生活を送りたい!」

様々な願いを持ってウォーターサーバーの利用を考えているはずです。

でも、少し調べてみると分かりますが、ウォーターサーバーのメーカーはたくさんありすぎます。

ウォーターサーバーのタイプや機能性、取り扱っているお水、値段などメーカーによって異なるのです。

そのため、多くの方がメーカー選びで迷うことでしょう。

そこで本記事では、筆者おすすめのウォーターサーバーランキング6選と人気のメーカー61選の特徴の紹介と比較をします。

後半では、ウォーターサーバーの選び方のポイントや維持費など知っておくべき知識を解説します。

ウォーターサーバーのことはすべて網羅しているので、ブックマークしてもらうのがおすすめ。

それでは早速見ていきましょう!

筆者厳選のおすすめウォーターサーバーランキングTOP6を徹底比較!

まずは筆者が6つに厳選したウォーターサーバーをランキング形式で紹介します。

どれも強くおすすめできるので、サーバー選びで迷ったら、ぜひこのランキングを参考にしてください!

1.フレシャス

【チェックポイント!】

  • おしゃれなサーバーが盛りだくさん
  • 富士山などで採取したバナジウム天然水
  • 軽量な容器は小さくたためる
  • 抜群の安全性

フレシャスのウォーターサーバーは、おしゃれでとても使いやすいです。

まず目を引くのがサーバーのデザイン。

シンプルでスタイリッシュなので、どんなインテリアとも合うでしょう。

お水は3種類の天然水から選べます。

富士山の標高約1,000m地点で採取した天然水、そして朝霞高原と長野の木曽で採取した名水。

どれもバナジウムという健康美容効果に最適なミネラルが豊富に含まれています。

お水の容器は軽量で、使い切った後は小さくたたんで捨てられるのです。

そのため、女性や高齢者でも楽々設置できれば、小さな子供が空のペットボトルで遊ぶ心配もありません。

基本的にサーバーのメンテナンスは実施していませんが、クリーニング機能と無菌エアレスパックで常に清潔な状態を保てます。

初めてウォーターサーバーを使う方や乗り換えを検討している方におすすめです。

2.アルピナウォーター

【チェックポイント!】

  • 北アルプスの天然水を使用
  • 高い品質と安全性に自信あり
  • 赤ちゃんのミルクにも使えるピュアウォーター

北アルプスの天然水を原水としています。

アルピナウォーターは安全性を重視する方におすすめ。

というのも、天然水をさらに安全にしたピュアウォーターを提供しているからです。

ピュアウォーターは99.9%の不純物を除去しています。

ミネラルが含まれていないのは、人によってデメリットとなりますが、赤ちゃんがいる家庭には大きなメリットです。

その理由は健康に良いとされるミネラルも、赤ちゃんには負担となってしまうから。

アルピナウォーターは、究極に無駄を省いたお水なので、赤ちゃんでも安心して飲めます。

毎月サーバーのレンタル料こそ発生しますが、2年に1度無料でサーバー交換を行い、定期購入のノルマもありません。

3.コスモウォーター

【チェックポイント!】

  • 選べる3つの天然水
  • ボトルのセットが楽ちん
  • 初期費用、サーバーレンタル費用、宅配費用が無料

ローコストでウォーターサーバーある生活を始められます。

初期費用やサーバーレンタル費用などはかかりませんが、天然水12リットルが約2,000円と若干高め。

ただ、お水にはこだわりを持っているようです。

取り扱っているのは、富士山の天然水・名水地である日田の天然水・京都の山岳山麓の天然水の3種類。

用途やライフスタイルに合った天然水を選べます。

どれもまろやかで日本人の口に合うと評判です。

サーバーの種類は2種類あり、Smartプラスならボトルをサーバーの下に設置するだけで使用可能。

そのため、女性でも負担を感じることなくボトルの設置ができます。

両サーバーとも省エネ設計なので、経済的に利用できるでしょう。

クリーンエアシステムが搭載されているため、定期メンテナンスは実施されていません。

4.プレミアムウォーター

【チェックポイント!】

  • 選べる5つの天然水
  • 非加熱だからまろやかな口当たり
  • 便利で衛生的なボトル

こだわりの5つの天然水を提供するメーカーです。

プレミアムウォーターの売りは、非加熱の天然水を提供していること。

多くのメーカーは天然水を加熱処理しています。

加熱処理している理由は低コストでの生産管理です。

ただ、加熱処理をするとお水のおいしさを引き立てる酵素が失われてしまうのです。

プレミアムウォーターでは、非加熱処理を行っているため、天然水本来の味わいを得られます。

それでいて、初期費用と配送料無料で、お水も比較的割安なのは嬉しいですね。

ボトルは飲んだ分だけ収縮する空気が入りにくい構造となっています。

さらに加熱クリーンシステムのおかげで、サーバー内はいつも清潔な状態に保たれます。

総合的に見ても、バランスの取れた良いウォーターサーバーです。

5.アクアクララ

【チェックポイント!】

  • 業界でも特に有名なブランド
  • 最先端のろ過システムを活用した安全なお水
  • ミネラルバランスが良い

会社の名前、もしくはロゴを見るとピンとくる方が多いほど有名なメーカーです。

アクアクララは最先端のろ過システムを活用して、お水の不純物を徹底的に取り除いています。

なんと1000万分の1㎜までろ過しているそうです。

その後に、人工的にミネラルを加えているため、天然水のようなまろやかな味になっています。

このお水の安全性とミネラルバランスの良さが最大の売り。

サーバーも数種類用意されています。

水を注ぐ位置を高くしたものやコーヒーマシン一体型なのもあるのです。

また、エアフィルターには抗菌加工が施されているので、内部は常に清潔。

ボトルは12リットルタイプの他、7リットルのスリムタイプも用意されています。

どのサーバーも上に設置しなければいけないので、女性はスリムタイプを選ぶといいかもしれません。

毎月レンタル料が発生しますが、定期メンテナンスは無料で行ってもらえます。

6.クリクラ

【チェックポイント!】

  • 安心のRO水
  • 豊富なサーバー機能
  • 年に一回のサーバーメンテナンス
  • 環境に優しいリターナブルボトル

クリクラは最先端テクノロジーを活用したRO水を提供しています。

ほぼ100%不純物を取り除いた後、ミネラルを加えているのです。

そのため、安全で口当たりが良いまろやかな味となっています。

サーバーのデザイン性こそシンプルですが、機能性は豊富です。

チャイルドロックや転倒防止機能、抗菌パック機能などが搭載されています。

さらに、年に1回サーバーを回収してのメンテナンスがあるため、常に安全なお水を飲むことが可能。

ボトルは環境に優しいリターナブルボトルを採用しています。

回収日まで保管する必要がありますが、サーバーレンタル料は基本的に無料で、お水代も良心的です。

人気のおすすめウォーターサーバー61選を一挙紹介!

筆者厳選のウォーターサーバーを見てきましたが、まだまだ種類はあります。

多くの選択肢から、自分に合ったものを選びたい人もいるはず。

そこでここからは、ウォーターサーバー61選を一挙見ていきましょう!

1.サントリー南アルプスの天然サーバー

【チェックポイント!】

  • あのサントリーの天然水が自宅で飲める
  • こだわりの天然水
  • 豊富な機能を持つサーバー
  • お水は軽量ボックス

サントリーの天然水を飲んだことがある人は多いでしょう。

あのこだわりの天然水を、自宅のウォーターサーバーで飲めます。

サントリーは南アルプスの天然水を提供しています。

人工的にミネラルや成分を加えていないため、100%天然水の味が楽しめるのです。

また、サーバー機能が豊富なのも特徴。

サーバーを雑菌から守り安全でおいしいお水を保つ機能、4段階の温度設定機能などなど。

また、2重のチャイルドロック機能が搭載されているため、子供がいる方も安心です。

お水はボトルではなく、軽量ボックスで届けられます。

サーバーの高さは低めなので、女性でも簡単に交換できるのは嬉しいポイントですね。

2.信濃湧水

【チェックポイント!】

  • 北アルプスの超軟水天然水
  • お水の値段が良心的
  • 必要費用は毎月のお水の値段だけ

北アルプス約1,220m地点で採取した天然水です。

信濃湧水の特徴は、お水の口当たりがなめらかで飲みやすいこと。

その理由は、信濃湧水の硬度が16と低いからです。

日本の水道水の硬度が約50であることを考えると、その低さが目立ちますよね。

まろやかな口当たりのため、乳幼児から高齢者まで美味しく飲むことができるでしょう。

ウォーターサーバーは、エコサーバーとスタンダードの2種類。

スタンダードはレンタル料がかかりませんが、エコサーバーだと毎月300円のレンタル料がかかります。

ただ、最大42%の省エネを実現できると考えると、300円以上の効果がもたらされると思います。

お水の値段は12リットル1,500円とかなり良心的です。

3.キララ

【チェックポイント!】

  • 富士山の天然水
  • シリカやバナジウムなどミネラル成分が豊富
  • コンパクトで洗練されたデザインのサーバー
  • 炭酸水も楽しめる

富士山の標高1,000m地点で天然水を採取しています。

キララの天然水には、美容健康効果の高いシリカやバナジウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

また、注目したいのがサーバーです。

デザインは薄さ約18㎝とコンパクトでスタイリッシュ。

インテリアの一部として活用できるのは魅力的です。

さらに、サーバーはチャイルドロックやエコモード、オートクリーンなど多機能。

なかでも、月々600円払うことで簡単に炭酸水を作れる機能は大人気です。

お水は7.2リットルパックで1,150円ですが、毎月1,200円のサーバーレンタル代がかかります。

4.ワンウェイウォーター

【チェックポイント!】

  • 不純物を取り除いたRO水
  • 業界最安地のお水の値段
  • 家計にうれしい省エネ機能

業界最安地のお水が強みのメーカーです。

なんと12リットルのボトルが1,250円から購入できます。

レンタル料やメンテナンス料もかかりません。

また、サーバーには省エネ機能が搭載されており、月々の電気代は約430円ほど。

そのため、割安な価格でウォーターサーバーを借りたい人におすすめ。

お水は天然水が数種類用意されていますが、主力はRO水のプラスプレミアム。

不純物を取り除いた後に、天然水由来のミネラル成分を加えているため、まろやかでおいしいお水となっています。

1年以内の解約だと違約金が発生しますが、1年以上使えば解約金は発生しません。

これは意外と大きいメリットです。

5.ハワイアンウォーター

【チェックポイント!】

  • ハワイ原産の天然水
  • 乳幼児にも安心なピュアウォーター
  • 購入ノルマなし

その名の通り、ハワイの天然水を提供するメーカーです。

ハワイでゆっくりと蓄えられたミネラル豊富な天然水を、RO膜でろ過をして、徹底的に安全性を高めています。

ピュアウォーターなので、乳幼児でも安心して飲めます。

ハワイアンウォーターのユニークな点は、購入ノルマがないこと。

そのため、毎月購入する必要はなければ、自分のペースで好きな時にお水の注文ができます。

毎月かかるのはお水代とウォーターサーバーのレンタル料だけです。

6.ウォータースタンド

【チェックポイント!】

  • 水道直結タイプのウォーターサーバー
  • お水を購入する必要なし
  • 自動除菌機能でいつも衛生的

ウォータースタンドは、水道に直結するウォーターサーバーを提供しています。

お水を購入する必要がないので、ボトル交換や処分はありません。

水道のお水をサーバーに搭載されているフィルターで除菌するのです。

簡単に言えば、水道水をRO水に変えるサーバー。

人工的にミネラルを加えることはできないので、天然水のような味わいには期待できません。

サーバー代が月5千円以上かかるため、毎月大量のお水を消費する家庭におすすめです。

7.smartプラス

【チェックポイント!】

  • コンパクトでスリムなサーバー
  • 3つのモードのチャイルドロック
  • 家計に優しい省エネ設計

コスモウォーターが提供するウォーターサーバーです。

smartプラスは、デザイン面と機能面でスマートなのが特徴。

デザインは、高さ110㎝・幅30㎝とコンパクトでスリムです。

カラーラインナップは5種類なので、どんなお部屋にも合います。

機能面は月の電気代が約465円になる省エネ機能、騒音レベルが30%ダウンする静音設計などなど。

なかでも、シーンに合わせて選べる3つのチャイルドロックが好評です。

小さなお子様がいる家庭でも、安心してウォーターサーバーを利用できます。

8.amadanaウォーターサーバー

【チェックポイント!】

  • 業界トップレベルのスリムさ
  • スタイリッシュでおしゃれなデザイン
  • こだわりのチャイルドロック

プレミアムウォーターがエレクトロニクスブランド・アマダナとコラボしたウォーターサーバー。

デザインがとにかくスタイリッシュで格好いいです。

横幅はたったの26.5㎝なので、お部屋のわずかな隙間にも設置できます。

コンパクトで透明感のある素材で作られているため。どんなインテリアとも調和するでしょう。

冷温水コックにチャイルドロックはついていますが、温水コックには小さな子供がいたずらしないようスライド式チャイルドロックが搭載されているのです。

9.うるのん

【チェックポイント!】

  • 富士山の天然水
  • コンパクトなサーバー
  • 自動温水ロック

うるのんの天然水は、富士山のふもとで採取されたお水。

硬度が低い軟水で、さらりとした飲み口のため、老若男女に大人気です。

サーバーは3種類用意されており、人気なのがスタイリッシュサーバー。

幅364㎜と細長で、スタイリッシュなデザインがとてもおしゃれです。

温水は80~90度と比較的熱めのお湯が出ます。

粉ミルクはもちろん、インスタント食品を作る時にも大活躍です。

また、温水部分には子供のやけど防止のためチャイルドロック搭載。

使用から5秒後には自動でロックがかかるので、ロックのかけ忘れの心配もありません。

Grandeを除いてサーバーのレンタル代は無料。

お水代は12リットル1,898円なのでほぼ相場です。

10.天然水アクアセレクト

【チェックポイント!】

  • 清流宮川の天然水
  • 初期費用、配送料、レンタル料ゼロ
  • 良心的なお水の値段

日本一水質が綺麗と言われる宮川の天然水です。

また、宮川は伊勢神宮の禊(みそぎ)川としても知られます。

つまり、アクアセレクトに依頼すれば、神聖な天然水を届けてもらえるということ。

サーバータイプは2種類用意されています。

主な違いは、水容量やクリーニング機能の有無、カラーバリエーションなどです。

どちらもレンタル費用はかかりません。

レンタル費用の他、初期費用や配送料(一部地域を除く)が無料なのも嬉しいポイント。

お水の値段は、8リットルパック×3本で3,669円と良心的な値段になっています。

11.日本の山水

【チェックポイント!】

  • 3つの採水地の天然水
  • 毎月必要なのは水代だけ
  • 2か月間は無料で配送休止可能

富士山・金木町・阿蘇の3種類の天然水を用意しています。

日本の山水だと、毎月かかるのはお水代だけ。

サーバーのレンタル代や初期費用はかかりません。

お水代は12リットルで1,980円です。

サーバーは縦置き型と卓上型の2種類が用意されています。

どちらもコンパクトでスタイリッシュなデザインなので、インテリアに合わせやすいです。

意外と嬉しいのが最大2か月間は無料で配送休止を頼めること。

旅行や忙しい時期に気軽に配送休止できるのは助かりますね。

12.クールクー

【チェックポイント!】

  • 水道直結型のウォーターサーバー
  • 水素水のプランもあり
  • 放射性物質も除去する超高性能フィルター搭載
  • ミネラルを残すことも可能

度々メディアでも紹介される水道直結型のウォーターサーバーです。

水道直結型なので、お水の購入やボトル交換の必要性はありません。

クールクーは超高性能フィルターを搭載しており、家にいながら完全なピュアウォーターを楽しめます。

放射性物質も除去するので、乳幼児も安心して飲めますね。

お水のミネラルを残すプランもありますが、あくまでも水道水のミネラルが残ることに要注意。

天然水のようにミネラルが豊富になるというわけではありません。

また、プランによってはろ過したお水に水素を加えられます。

美容効果を得たい方は水素水コースを選ぶといいでしょう。

13.ウォーターエナジー

【チェックポイント!】

  • 日田天領水のウォーターサーバー
  • 安全性にこだわり冷却機能のみ
  • ボトルではなくバックインボックス

九州の名水日田天領水を提供するメーカーです。

日田天領水はミネラルがたっぷりなだけではなく、活性水素が安定的に含まれています。

活性水素は体内で有害な活性酸素と結びついて、体外へ排出する働きがあると言われています。

そのため、活性水素が入った天然水を飲むことで、健康美容効果に期待できるのです。

また、ウォーターエナジーは安全性にも大きなこだわりを見せています。

なんと、雑菌繁殖を抑えるために冷水機能だけついているのです。

温水こそついていませんが、そのぶん安全性が高まり、お手入れも簡単になっています。

ボトルではなくパックになっており、開封後も衛生状態と品質が保たれます。

14.MCMのめぐみ

【チェックポイント!】

  • 特許サプリ入りのお水
  • レンタル料とメンテナンス料ゼロ
  • 収縮ボトル

「飲むサプリ」がセールスポイントのウォーターサーバーです。

安全なお水に、免疫力の研究から生まれた多種類の天然ミネラルを配合しています。

そのため、毎日の生活で普通にお水を飲むことで、健康効果に期待できるのです。

サーバーは、チャイルドロックや冷水/温水などの、基本的な機能は備えています。

注目したいのがボトルです。

ボトルは水の量が減るたびに収縮するため、空気と触れる機会が限りなく少なくなっています。

最後まで衛生的に使えて、使い終わったらそのまま処分できるのは嬉しいですね。

初回こそ2,000円かかりますが、それ以降はサーバー代は無料です。

15.アースウォーター

【チェックポイント!】

  • 南魚沼産もしくは霊峰富士の天然水
  • 芸能人やアスリートが使用
  • 浸透力が高いから細胞にイオンがしみこむ

美容や健康意識の高い人に人気のウォーターサーバーです。

アースウォーターの天然水は、コシヒカリを生んだ南魚沼産と霊峰富士の2種類。

硬度の低い軟水だから、日本人の口に合う味わいです。

また、人気の理由は最先端の特許技術により、水素をイオン化していることにあります。

大きなミネラルを小さくすることで、細胞の吸収率が上がるようです。

さらに、高濃度のケイ素が含まれているため、美容効果にも期待できます。

契約年数が2~3年と長く、24リットルで約5,000円と少し割高です。

経済的に余裕のある方は検討するといいでしょう。

16.アイディールウォーター

【チェックポイント!】

  • 富士山麓で採取した硬度25の軟水
  • 床置きタイプと卓上タイプのサーバー

アイディールウォーターは2種類の天然水を用意しています。

1つ目が富士山の麓で採取されている硬度25の軟水。

バナジウム含有量が国内トップクラスで、ミネラルバランスにも優れています。

2つ目が島根県金木町の天然水。

島根県金木町は降雨量が多く、地理的特徴から良い水を作る町として有名です。

美人の湯として知られる温泉もある町で採取した天然水が配達されます。

サーバーはシンプルなデザインで、床置きタイプと卓上タイプの2種類。

ただ、特に目立つ機能性がないのは残念なポイントです。

申し込みが電話専用になっているのも若干不便かもしれません。

17.アクアマジック

【チェックポイント!】

  • 医薬品会社のウォーターサーバー
  • 安全でおいしいRO水
  • 選べる2種類の採水地

JASDAQ上場企業の医薬品会社が提供するウォーターサーバーです。

やはり安全性に自信を持っているようで、提供するのは不純物を取り除いたRO水。

採水地は沖縄と北海道の知床半島の2種類です。

知床の方が硬度は低い軟水なので、子供でも飲みやすいかもしれません。

また、ワンウェイとリターナブルからボトルの種類を選べるのも良いですね。

サーバー内の冷水タンク内には、抗菌カートリッジが付属されており、いつでも安全なお水を飲めます。

カートリッジは1年を超えたら無料で交換してくれます。

18.アクアマジックワンウェイ

【チェックポイント!】

  • 医薬品会社のRO水
  • ワンウェイ方式のボトル

先ほど紹介したアクアマジックのワンウェイ方式ウォーターサーバーです。

医薬品会社品質や採水地は同じ。

異なるのは、ボトルがワンウェイ方式になっていることです。

使い切りタイプのボトルなので、ボトルを保管する必要はありません。

使い切ったボトルは足で踏みつぶすと小さくなります。

19.バナウェルウォーター

【チェックポイント!】

  • 水道水がバナジウム水になる
  • 使い放題の定額制
  • 省エネサーバー

水道直結型のウォーターサーバーです。

注目ポイントは、水道水が綺麗になるだけではなく、バナジウムが加わること。

また、サーバーには夜間モードと省エネモードがついており、光熱費が安く収まります。

魅力が多いにもかかわらず、月々2,980円しかかかりません。

毎月たったの2,980円でバナジウム水が飲み放題なのは大きな魅力です。

さらに、1年に1回のメンテナンスも無料で実施してくれます。

20.ウォーターワン

【チェックポイント!】

  • 選べる4種の天然水
  • 注ぐたびに収縮するエアレスボトル
  • コンパクトなサーバー

ウォーターワンはが用意しているのは、富士山・南阿蘇・沖縄・島根を採水地とした4種類の天然水。

どれもミネラルバランスがよく、口当たりの良い軟水なのが特徴です。

サーバーはスタイリッシュでコンパクトになっています。

幅は雑誌1冊分ほどなので、部屋が狭くとも余裕を持って置けるでしょう。

デザインもシンプルでスタイリッシュです。

清潔さを保つ超高性能フィルターが搭載されているほか、転倒防止機能もついているので、地震や子供のいたずらで倒れる心配はありません。

21.ウォーターネット

【チェックポイント!】

  • 安心安全なRO水
  • 吸収効率の良いpH値
  • リターナブルボトル

ウォーターネットが提供するのは、安心安全なRO水です。

徹底的に不純物を取り除いたお水に、バランスよくミネラルを加えているため、天然水のような仕上りとなっています。

さらに、ウォーターネットは酸性やアルカリ性の強さを示すpH値にもこだわっているようです。

お水のpH値を血液と同じ弱アルカリ性にすることで、ミネラルの吸収効率があがります。

リターナブルボトルは12リットルで月1,200円で、毎月のサーバーレンタル代も発生します。

22.エフィールウォーター

【チェックポイント!】

  • 知床の海水が生んだ天然水
  • エコフィルターで常に清潔なお水
  • 一番おいしさを感じる硬度30の軟水

エコフィールの天然水は、世界自然遺産に登録された知床の海洋深層水。

知床の海洋深層水は、人間に必要なミネラルを豊富に含んでいます。

また、硬度30度になっているのも注目ポイント。

というのも、人間が最も水をおいしく感じられるのは硬度30度だと言われているからです。

そのまま飲むのはもちろん、料理やコーヒーなどの味も引き立ててくれるでしょう。

ボトルは12リットル1本1,500円と良心的な価格です。

ただし、定期宅配で3本以上からの宅配となるため、子供がいる家庭や二世帯住宅などに向いています。

23.エンジェルスマイル

【チェックポイント!】

  • 赤ちゃんのためのウォーターサーバー
  • ミルク作りに最適な70度設定可能
  • ワンウェイボトル方式

エンジェルスマイルは、赤ちゃんのために開発されたウォーターサーバーです。

お水はミネラルも含まれていないピュアウォーター。

そのため、赤ちゃんに負担のかからない粉ミルクを作れます。

また、サーバーにはチャイルドロックやエコモードの他、70度温度設定があるのも嬉しいですね。

赤ちゃんが泣き始めても、すぐに適温の粉ミルクを作ってあげれます。

ボトルはワンウェイ方式なので、使い終わったボトルを子供が散らかす心配も不要。

さらに、8リットルと12リットルが用意されているので、妊娠中のママから負担なく安全なお水を飲めます。

毎月かかるのはお水代だけなのも、出費が多くなる赤ちゃん持ち世帯には嬉しいポイントです。

24.emisui

【チェックポイント!】

  • 富士山の天然水
  • 防災ウォーターサーバー
  • コンパクトなのに収納スペースがある

emisuiのウォーターサーバーは、ユニークな防災ウォーターサーバーです。

サーバーには非常灯が搭載されており、停電時でもサーバーの位置の確認が可能。

さらに、L型のウォーターサーバーには防災グッズなどの収納スペースがあります。

それでいて、サーバーはコンパクトでスタイリッシュなデザインになっているのです。

emisuiは富士山のまろやかな天然水を提供しています。

赤ちゃんも飲める軟水で、毎月かかるのはお水代だけです。

25.aw・ウォーター

【チェックポイント!】

  • 北アルプスの良質な天然水
  • 安全性の高いRO水
  • 高性能エアフィルター搭載

北アルプスのミネラル豊富な天然水を提供するメーカーです。

天然水をRO膜でろ過した後、海洋由来のミネラル成分を加えているため、安全性と健康効果が高くなっています。

ウォーターサーバーには、チャイルドロックや転倒防止機能などがついています。

特に高性能エアフィルターはセールスポイントのようです。

高性能エアフィルターのおかげで、サーバーの内部に雑菌が侵入するのを防げています。

お水は12リットルで1,700円で、毎月サーバーのレンタル料も発生します。

26.オアシスウォーター

【チェックポイント!】

  • 3種類の天然水
  • 独自の無菌エアシステム
  • 冷たい/温かいお水

オアシスウォーターが取り揃えているのは、静岡・京都・大分から採水した3つの天然水です。

健康美容効果を求めるなら静岡、ミネラルバランス重視なら京都、乳幼児も飲むなら大分の天然水を選ぶといいかもしれません。

ウォーターサーバーには、独自開発の無菌エアシステムが搭載されています。

空気がお水に触れにくい構造の上、お水が減るにつれボトルも収縮するので、衛生環境が保たれるのです。

また、水温が6~10度と80~90度と比較的冷たく温かいのは嬉しいポイント。

12リットルのボトル2,052円と若干値段は高めですが、サーバーのレンタル料は無料です。

27.おいしい水の宅配便

【チェックポイント!】

  • バナジウムを含んだ富士山の天然水
  • 水素水サーバーがある
  • 業界トップクラスの省エネ性能

富士山のある静岡県に拠点を置くメーカーです。

もちろん用意しているのは、バナジウムを中心にミネラル豊富な富士山の天然水。

天然水は3種類用意されており、なかには乳幼児に安心なRO水も用意されています。

サーバーの冷水は4~12度、温水は80~90度なのも魅力的。

特に注目したいのが、業界トップクラスの省エネ性能です。

エコモードを使用した場合、1日の電気代は約17円。

1か月使用しても、たったの510円しかかからないのです。

サーバーのレンタル料金こそかかりますが、省エネ性能を考えると、割とお得だと思います。

28.オーケンウォーター

【チェックポイント!】

  • 3つのこだわり天然水
  • 美容健康効果の高いミネラル豊富
  • 豊富なデザインバリエーション

大分天領・京都丹波・富士山の天然水を取り揃えています。

どれも高濃度のミネラルが含まれており、なかでも富士の天然水は2012年にベストセラーに輝いています。

用途に応じた選択ができ、大分天領は美容健康効果重視の方、京都は乳幼児や料理にも使いたい方におすすめ。

サーバーは5種類のデザインが用意されていて、カラーバリエーションも豊富です。

月々にかかる費用はお水代だけで、お水代は24リットルで3,780円からとなっています。

29.カープ応援水「天上山」

【チェックポイント!】

  • 広島東洋カープファン必見!
  • 原水は広島の清流
  • 新規2年契約でカープチケット3席プレゼント

広島東洋カープを応援しているウォーターサーバーです。

数に限りがあるようですが、新規2年契約することで、カープ戦のチケット3席プレゼントしてもらえます。

肝心のお水は、広島県随一の清流「名勝石ケ谷峡」の伏流水を原水としているようです。

この伏流水から不純物を取り除いているので、極めて安全性が高いお水となっています。

サーバーレンタル代は無料で、お水は8リットル800円。

一回の配達で4本以上の注文となるので、最低でも月に3,200円はかかります。

また、年に1回のメンテナンス時には3,000円の費用がかかることも知っておきましょう。

30.クリスタルクリアウォーターズ

【チェックポイント】

  • 東京、埼玉、神奈川に展開
  • 極めて安全なピュアウォーター
  • 環境に優しいエコボトル

東京、神奈川、埼玉に展開するメーカーです。

クリスタルクリアウォーターズが届けるのは、不純物を限りなく取り除いたピュアウォーター。

ミネラルもほとんど含まれていないので、赤ちゃんの粉ミルクに最適なお水です。

乳幼児のいる家庭や安全性重視の家庭におすすめのウォーターサーバー。

サーバーはアイボリー色のシンプルなデザインになっています。

特に目立つ機能はなく、毎月1,080円のレンタル代がかかるのは気になるところ。

ただ、レンタル料金にメンテナンス代は含まれているようです。

ボトルは環境に優しいエコボトルで、3ガロン(約11リットル)で1,296円、5ガロン(約19リットル)で1,831円となっています。

31.さひめの泉

【チェックポイント!】

  • 美人成分シリカが高濃度配合
  • 三瓶山の天然水
  • お得な定期購入

さひめの泉は、島根県にある三瓶山で採取した天然水を届けてくれます。

三瓶山は約11万年前より火山活動を繰り返している名山です。

そんな三瓶山で採取された天然水は、美人成分シリカを豊富に含んでいるのが特徴。

なんと、さひめの泉には1リットル当たり70ミリグラムものシリカが配合されているそうです。

美容効果重視の方は要チェックのメーカーでしょう。

天然水は硬度19度と超軟水なので、まろやかでおいしい味わいとなっています。

毎月1,000円のサーバーレンタル料がかかりますが、定期購入にすると3か月間はサーバー台ゼロになるのでお得です。

32.さららいと

【チェックポイント!】

  • 一番おいしいと感じる硬度
  • バランスよくミネラルを含んだRO水
  • レンタル料は毎月500円のみ

さららいとが提供するのはRO水です。

不純物を取り除いた後に、バランスよくミネラルを配合しています。

強みは、おいしい水作りにこだわっているところ。

日本人が一番おいしいと感じる硬度32.5度にして、非加熱処理をしています。

そのため、天然水のような味わいで、吸収率も高まっているのです。

サーバーのデザインはシンプルそのもの。

毎月メンテナンス料が発生しますが、500円とそれほど高くはありません。

33.サプア

【チェックポイント!】

  • 世界有数の名水地熊本の天然水
  • ミシュランシェフが認めたお水
  • 多機能搭載サーバー

世界有数の名水地として知られる熊本の天然水を提供しています。

天然水の種類は、阿蘇の天然水と菊池の天然水の2種類。

阿蘇水はすっきりとキレがあり、菊池はまろやかで優しい味わいとなっています。

なんとミシュランガイドで5年連続受賞したシェフが認めた味だそうです。

普通に飲むほか、料理やお酒作りに活用するのもおすすめ。

また、サプアのウォーターサーバーは多機能になっています。

チャイルドロック機能や省エネモード、高温循環機能などがあるスマートサーバー。

温度は4段調節できるのも嬉しいポイントです。

毎月850円のサーバー代がかかり、阿蘇水は24リットルで3,600円かかります。

お水とサーバーの質を考えると、なかなかコスパに優れていると思います。

34.サンミネラル

【チェックポイント】

  • 奥大山の天然水
  • 硬度21度の軟水
  • コレステロール除去に有効

ミネラルウォーターの生産量全国3位の鳥取県にある、奥大山で採取された天然水を提供しています。

奥大山の天然水はミネラル豊富なだけではなく、硬度21度の超軟水なのが特徴です。

そのため、小さな子供でも美味しく飲むことができるでしょう。

また、水道水と比べて61%も多くの油が溶けられるという特徴があることから、体内のコレステロール除去効果にも期待できるそうです。

サーバーの温水部分には、押しながらレバーを押し込む必要があるチャイルドロックがついています。

小さな子供がいても安心して設置できますね。

ワンウェイとリターナブルのボトル形式を選べるのは嬉しいです。

35.サンアルプス

【チェックポイント!】

  • 北アルプスの雪解け水を使った超軟水
  • 注文ノルマなし
  • 赤ちゃんやペットにも安心なピュアウォーター

サンアルプスという名前から分かる通り、北アルプスの雪解け水を原水としています。

原水から不純物などを取り除いたピュアウォーターを提供しているのです。

ミネラルもほとんど含まないので、乳幼児やペット、内臓の弱い方などにおすすめ。

また、硬度が1.05度とトップクラスの軟らかさになっています。

口当たりがとてもまろやかで、体内の吸収率が高いでしょう。

注文ノルマはないので、必要な時に必要な分だけ注文できます。

サーバーレンタル料として月500円かかりますが、そのぶん2年に1回のメンテナンスは無料です。

36.シンプルウォーター

【チェックポイント!】

  • 富士鳴沢森林の天然水
  • 交換と処理が簡単なエコパック
  • 割安なお水代

富士山に最も近い井戸から採取した天然バナジウム水を割安価格で提供するメーカー。

18リットルのお水が約2,250円で購入でき、毎月のサーバー代はかかりません。

ただ、初回こそサーバー代9,800円かかるようですが、キャンペーン期間中なら無料になります。

また、満5歳以下の子供がいる家庭なら、お水の価格が1割引きとお得です。

軟水の天然水かつお湯も出るので、子育て世代は良い候補になるでしょう。

サーバーには、ドイツの除菌システムが搭載されています。

毎年1回別売りの洗浄水を購入すれば、自分で衛生的なサーバーを保てるでしょう。

ボトルではなく、交換と処理が簡単なエコバックを使っているのもグッドポイント。

37.ジェイウォーター

【チェックポイント】

  • 南阿蘇の天然水
  • 電気を使わないサーバー
  • 体に優しい常温のお水だけ飲める

ジェイウォーターは、南阿蘇の天然水を使用しています。

まろやかで甘味のある味が特徴で、バナジウムやシリカなども含まれています。

ジェイウォーターの特徴は、電気を使わないサーバーということ。

そのため、冷たいお水や熱いお湯は出てきません。

ただ、常温の水には代謝アップや老廃物の排出促進など、様々な健康美容効果があります。

健康美容のために、おいしい天然水を飲みたい方にはおすすめです。

お水は6.2リットルのウォーターパックで届くので、女性でも簡単に交換できるでしょう。

ちなみに体に良い生活をしたいのであればマットレスが重要です。質の良いマットレスを使うことで私たちの体は良い状態をキープする事が出来ると言われています。

 

友人も重度の腰痛持ちだったのですが、モットンを使い始めてから本当に腰が軽くなったと言っていたんです。

正直、「マットレスを変えるだけで腰痛は治らないでしょ」と思っていたのですが、少しでも緩和されればと思って注文してみることに。

結果として、モットンを使い始めてからというもの、わたしの腰痛は大幅に改善されました。

人間は人生の3分の1をベッドの上で過ごすと言いますが、いかにマットレスが体に及ぼす影響が大きいのかを、改めて思い知らされましたね。

正直、もっと早くモットンを使っていればという思いもあるのですが、わたしと同じような思いで悩んでいる人にむけて、このブログを書いています。

実際にモットンを使い始めてからの私の変化(~1ヶ月)
実際にモットンを使い始めた頃のことを思い出しながら、変化を書いていきましょう。

寝てみた時の肌触りの良さと、ちょうどいい反発具合が最初から気に入っていたのですが、すぐに腰痛が緩和されることはありませんでした。

ただ、腰痛とは別に、そもそも眠りの質が上がっている実感があったのを覚えています。

それまでは、朝起きてからも布団の中でスマホを15分くらい眺めて、やっと布団から出られるような毎日でした。

モットンに変えてからというもの、睡眠の時間は変わっていないのに、なぜかすっきりと目覚められる感覚がありました。

出典:モットンマットレスの悪評判と口コミを暴く公式サイト

38.ジャパネットウォーター 富士山の天然水

【チェックポイント!】

  • あのジャパネットこだわりのウォーターサーバー
  • ミネラルバランスに優れた富士山の天然水
  • 小さくて柔らかい9.5リットルボトル

通販でおなじみのジャパネットが提供するウォーターサーバーです。

ジャパネットが届けてくれるのは、ミネラルバランスに優れた富士山の天然水。

地下約253mの井戸からお水を汲み、殺菌や厳しい検査をされた後に、届けられるそうです。

サーバーはチャイルドロックとお湯機能がついたシンプルなもの。

一般的な12リットルボトルではなく、小さくて柔らかい9.5リットルボトルにすることで、女性や高齢者も楽々交換できるようになっています。

毎月かかる費用はお水代だけ。

2年に1度無料の訪問メンテナンスをしてくれるのは嬉しいですね。

健康については厚生労働省のサイトが参考になります。

参考⇒健康・医療健康 – 健康 |厚生労働省

39.スイークレイ

【チェックポイント!】

  • 群馬県榛名山の天然湧水
  • 風味を損なわない非加熱処理
  • 5段階温度調節

スイークレイの天然水は、あまりなじみのない群馬県椿名山の天然湧水です。

樹齢400年の大杉の根元から湧水が流れ出ており、酸素たっぷりの清水。

ミネラルバランスも良く、ほのかに香る甘さが特徴となっています。

そんな湧水の風味や味わいを損なわないため、非加熱処理を施しているのです。

サーバーは、直観的操作可能なタッチパネル式で、便利な5段階温度調節機能もついています。

デザインもおしゃれなのでインテリアと調和することでしょう。

毎月かかる費用はお水代だけで、19リットル1,980円と価格も良心的です。

40.スーパーバナジウム富士

【チェックポイント!】

  • 富士山麓で採水した天然水
  • 宅配エリアは神奈川県の一部エリアのみ

高濃度のバナジウムを含む富士の天然水を提供するメーカー。

天然水は地下253mの井戸から採水されます。

硬度は50.3の軟水なので、日本人の口に合う味わいです。

料理やコーヒーを作る時にも大活躍するでしょう。

サーバーには特に目立つ機能はありません。

デザインはシンプルで、月に840円のレンタル料が発生します。

お水代が12リットル1,404円なのは比較的お手頃だと思われます。

41.ダスキン

【チェックポイント!】

  • 4つの採水地の天然水
  • 衛生環境を保つシステム
  • 簡単に交換できるバッグインボックス

ダスキンは4つの採水地から天然水を採取しています。

まろやかでほのかに甘みを感じる大朝、苦みと甘みのバランスがいい富山、すっきりとした秩父、そしてミネラル豊かな富士山の天然水です。

好みに応じて好きな天然水を選べます。

サーバーには、温水が配水経路を自動循環するシステムがあります。

このシステムのおかげで、サーバー内の雑菌を抑えられるのです。

お水は軽量で簡単に交換できるバッグインボックスタイプ。

使い終わった後は、小さく丸めて捨てられるのもグッド!

42.ダイキチ

【チェックポイント!】

  • 水道直結型サーバー
  • 4種類のフィルターで不純物を取り除く
  • 2か月ごとに定期メンテナンス

ダイキチが提供するのは、水道直結型のウォーターサーバーです。

3種類のフィルターで不純物を取り除いた後、ポストカーボンフィルターを通ることで、水のまろやかさもアップ。

水道水の清潔度と飲み心地を高めるサーバーと考えるといいでしょう。

毎月3,980円のレンタル料のほか、初回契約料として1万円、取付工事に5千円かかるのは少し残念。

ただし、2か月に1回は定期訪問でメンテナンスをしてくれ、無料でフィルター交換もしてくれます。

43.デイライト・ウォーター

【チェックポイント!】

  • 富士の名水をお届け
  • 温水ボタンの代わりに電気ケトル
  • コンパクトでおしゃれなデザイン

非加熱処理を施した富士山の名水を使ったウォーターサーバーです。

熱処理をしていないので、富士の名水のミネラルバランスが豊富で、風味もそのまま。

自宅にいながら、採水したてのお水を味わえるでしょう。

ウォーターサーバーは、床置きと卓上の2タイプが用意されており、人気なのは卓上タイプ。

コンパクトでおしゃれなデザインなので、キッチンにおいてもインテリアとして映えます。

また、温水ボタンの代わりに電気ケトルが設置されているのも大きな特徴。

こうすることで、電気料金を抑えつつ、必要な時に瞬時にお湯をわかせられるのです。

ボトルは女性や高齢者に優しい8リットル型なので、負担を感じることなく交換できるでしょう。

44.ネイフィールウォーター

【チェックポイント!】

  • 選べる3種類の天然水
  • クリーンエアシステム内蔵
  • おしゃれでスタイリッシュなサーバーデザイン

ネイフィールウォーターが取り扱っているのは3種類の天然水です。

乳幼児に向いている京都の天然水、有機ゲルマニウム豊富な大分の日田ほのか、そしてバナジウムを豊富に含む富士の希み。

用途に合った選択をしたり、毎月違う種類のお水を頼んだりするのもいいですね。

サーバーはどんなお部屋にも合うスタイリッシュなデザインが特徴的。

クリーンエアシステムも内蔵されているため、常に清潔な環境が保たれます。

45.フジサンウォーター

【チェックポイント!】

  • 富士山の天然水
  • 月2本以上の注文でレンタル料無料
  • 卓上型と床置き型

メーカー名から分かる通り、富士山の天然水を扱っています。

ミネラルバランスに優れており、100mlあたり6.3マイクログラムのバナジウムが含まれているようです。

必要最低限の処理だけ行っているので、天然水本来の風味を楽しめるでしょう。

サーバーは、卓上型と床置き型の2種類があります。

狭い場所にもスッキリと入るコンパクトサイズで、毎月2本以上の注文でレンタル代は無料となります。

保証金として5,000円支払いますが、1年以上契約すれば全額返金されるのもナイスな点。

46.ふじざくら命水(富士桜命水)

【チェックポイント!】

  • 富士山麓で水脈を発見した会社
  • 世界一のビールを作ったお水
  • 割安な価格

ふじざくら命水は、もともと富士山北麓を豊かにするための会社でした。

約60年前に初めて地域で初めて富士山の水脈を発見した企業です。

ふじざくら命水がウォーターサーバー事業を始めたきっかけはビールにあります。

富士山の天然水で開発したクラフトビールが世界一になり、自社水源が注目されるようになったのです。

配送される天然水は、9つある水源地からもっともおいしいものです。

バランスよくミネラルを含んでおり、滑らかな口触りが味の特徴。

また、11.5リットルで1,550円と割安な価格なのも嬉しいポイントです。

サーバーレンタル料は月667円で、週に1回から4週に1回まで希望の配送価格で運んでくれます。

47.フレール「千里の命水」

【チェックポイント!】

  • アサヒビール進出きっかけの天然水
  • 使いやすいエコバッグ
  • 空気が混入しないシステム

フレールが取り扱っているのは、大阪安威川(あいがわ)の天然水です。

この安威川の天然水は、ドイツミュンヘンでビール醸造に最適と評価され、アサヒビールが進出するきっかけにもなりました。

まろやかな軟水なので、小さなお子様でも抵抗なく飲めるでしょう。

お水はエコバッグタイプで配送されます。

約6.2リットルなので、女性や高齢者でも楽に交換できます。

また、サーバーは雑菌を防ぐために空気が入らない構造となっているのです。

日常的にお手入れさえすれば、衛生的な環境は保たれます。

48.マーキュロップ

【チェックポイント】

  • 5年連続モンドセレクション金賞
  • 空気中のゴミやホコリは徹底排除
  • 定期メンテナンスは無料

富士山の標高1,030mの国立公園から天然水を届けてくれます。

マーキュロップの天然水は、モンドセレクションで3年連続金賞を受賞しています。

そのまろやかな味わいはお墨付きです。

ウォーターサーバーはスリムでスタイリッシュなデザイン。

HEPAフィルターという空気洗浄機にも搭載される高性能フィルターのおかげで、空気中に含まれる細かなゴミやホコリも徹底的に排除されます。

また性能が上がったため、従来のサーバーと比べて電力が約20%抑えられるのも特徴。

毎月700円のレンタル料はかかりますが、そのぶん年に1回の定期メンテナンスは無料です。

49.ユニマットの宅配水

【チェックポイント!】

  • オフィスコーヒーサービス企業NO1
  • プランと地域で変わる採水地
  • レンタル代無料

ユニマットでは、お住まいの地域やプランによって届けられる天然水が異なります。

主な採水地は、静岡県富士市や山梨県甲州市です。

ユニマットはおオフィスコーヒー市場シェアが業界トップであり、オフィスで愛用されていた天然水が自宅でも飲めます。

お湯機能も搭載されているので、コーヒーをよく飲む方にはいいかもしれません。

シンプルなサーバーは、どんな部屋にもばっちりと調和します。

温度は4段階で調節できて、毎月のレンタル料が無料なのは嬉しいです。

50.ラピロスウォーター

【チェックポイント!】

  • 4種類の天然水
  • 毎月かかるのはお水代だけ
  • 無菌エアシステム搭載

ラピロスウォーターが取り扱っているのは4種類のお水。

富士・京都・日田を採水地とした天然水とRO水です。

豊富な選択肢から、あなたに合ったものを選べるのはナイスですね。

とくにミネラルを含んだRO水は、業界最安地の価格設定となっています。

しかし、RO水は月に最低96リットル注文する必要があるため、オフィス向きかもしれません。

サーバーには、無菌エアシステムが搭載されているから、常に内部を衛生的に保てます。

サーバー代やメンテナンス料は無料なので、毎月かかる費用はお水代だけ。

51.日田天領水

【チェックポイント】

  • 大分県日田市の天然水
  • シンプルで衛生的なサーバー

スーパーなどで見かけるあの日田天領水が、いつでも自宅で飲めます。

九州を代表する阿蘇山や耶馬渓などに囲まれた日田盆地で採取されます。

硬度は約32度の飲みやすくておいしい水です。

炭素やケイ素などのミネラルにも恵まれており、美容健康効果に期待できるでしょう。

日田天領水は衛生面にも強いこだわりを見せています。

サーバーにはお湯機能を搭載していません。

限りなく機能をシンプルにすることで、衛生状態を保てるというわけです。

専用冷却器の上に、バッグインボックスをのせるだけでおいしいお水が飲めます。

このシンプルさが逆に魅力的ですよね。

52.日本の名水

【チェックポイント!】

  • ボトルの設置位置はサーバーの下
  • 選べる4種類の天然水
  • かかる費用はお水代だけ

日本の名水の売りは、ボトル設置のしやすさです。

一般的なサーバーのように、ボトルのセット位置は上部ではなく、サーバーの下になっています。

ボトルを抱えて上にあげる必要がないため、誰でも楽に交換できるのです。

取り扱っているお水は、富士山・丹波・日田の3種類の天然水とRO水。

ボトルは使い切りなので、お部屋が散らかることはないでしょう。

毎月かかるのはお水代だけなのもグッドポイントです。

53.富士桜長命水

【チェックポイント!】

  • 富士山の天然水
  • 抽出能力が高い
  • 自動殺菌システム

富士山の天然水を取り扱っているメーカーです。

天然水の特徴としては、抽出能力が高いことでしょう。

お茶やコーヒーの香りをしっかりと引き出し、ご飯をふっくら炊きます。

バナジウムやシリカを含んだ軟水なので、老若男女抵抗なく飲めるでしょう。

高温殺菌されてはいますが、見方を変えれば安全性は高くなっています。

サーバーにはチャイルドロック機能が搭載されているほか、 定期的に内部を殺菌するシステムもあるのです。

最初の3か月間はサーバーレンタル代無料で、4か月目から月540円かかります。

54.富士の湧水

【チェックポイント!】

  • G20大阪サミットに提供したお水
  • なめらかで飲みやすい富士の天然水
  • 高機能の国産サーバー

G20大阪サミットの会議場内にも設置されたウォーターサーバーです。

富士の湧水は、富士山が長い年月をかけてゆっくりとしたろ過した水を取り扱います。

天然ミネラル成分をバランスよく含んでおり、まろやかな口当たりの軟水です。

また、外国製サーバーが主流となっている中、国産サーバーにこだわりを見せているのも特徴でしょう。

冷温と温水はそれぞれ2段階温度調節可能で、自動クリーニングとチャイルドロック機能もついています。

11.6リットルで1,524円、毎月762円のレンタル代がかかり若干高めの印象を受けますが、お水とサーバーの品質は素晴らしいです。

55.良水市場おいしい水宅配水

【チェックポイント!】

  • 知床らうすのミネラルをブレンドしたRO水
  • 硬度10の超軟水
  • 年に1回のサーバーメンテナンス

安全性が極めて高いRO水を取り扱っています。

ピュアウォーターに知床らうすの天然ミネラルをブレンドしているのが特徴。

人工ミネラルは一切使用していないため、安全性の高いミネラル水を飲めます。

また、硬度が10度と軟水になっているのもグッド。

なめらかな口当たりなので、子供も美味しく飲めるでしょう。

サーバーレンタル料ゼロで、8リットルボトルが600円とお値段も魅力的。

誰にでもおすすめできるメーカーですが、対応エリアが東京・神奈川・千葉・埼玉だけなのが残念です。

56.島根のおいしい天然水 enamis (エナミズ)

【チェックポイント!】

  • 非加熱の天然水
  • 健康に嬉しい豊富な炭素水素イオン
  • 無菌サーバー

島根県金城町の天然水を取り扱っています。

島根県は降雨量が多く、森林が県土の8割を占めているほど。

そのため、ミネラル豊富な天然水の採水地として有名です。

味に癖はなく、すっきりと飲めるでしょう。

ミネラルの中でも、若々しさをサポートする炭素水素イオンの配合量は全国トップクラス。

水の分子集団も非常に小さいため、効率よく体に浸透します。

サーバーには、空気中の雑菌の内部侵入を防ぐフィルターが搭載されており、内部の衛生環境を保てます。

定期配送ならサーバーレンタル料は無料で、お水代も24リットル1,950円とかなり良心的です。

57.天のめぐみ

【チェックポイント!】

  • 鈴鹿山脈の天然水
  • 非加熱処理の新鮮な味わい
  • 1本からの注文可能

鈴鹿山脈の地下に浸透した天然水を取り扱っています。

非加熱処理を施しているため、天然水本来の風味を損なっていないのがポイント。

とても新鮮なお水なので、開封後2週間以内に飲み切ることが勧められています。

サーバーの機能は、チャイルドロックとお湯など一般的なもの。

自動クリーニング機能などはついていないため、定期的なケアと年に1回のメンテナンスは必要でしょう。

お水代は11.3リットルで1,000円、2本以上の注文でサーバー無料と良心的です。

58.不二頂プレミアム

【チェックポイント!】

  • 富士山の非加熱100%天然水
  • ミネラルバランスのいい超軟水
  • 選べるサーバータイプ

不二の頂は富士山の麓地下約200mの天然水を取り扱っています。

風味や味わいを行わないために、非加熱処理を施した100%の天然水です。

希少なバナジウムを豊富に含んでいて、硬度は25度と超軟水。

優しい口当たりで飲みやすい天然水となっています。

サーバータイプは2種類あり、そのうちの1つは下置きタイプです。

女性や高齢者がメインに交換するなら、下置きタイプを選ぶといいでしょう。

ただ、下置きタイプのものは毎月1,500円(2年経過後は1,000円)のレンタル料が発生します。

59.八雲の天然水

【チェックポイント!】

  • 天然カルシウムたっぷりの八雲の天然水
  • 配達エリアは東京都と埼玉県
  • 毎月かかるのはお水代のみ

北海道八雲の天然水を取り扱っています。

八雲の天然水の特徴としては、非活性カルシウムを豊富に含んでいること。

小骨や根野菜などに多く含まれる成分で、骨の吸収率が高いです。

また、pH値が涙とほぼ同じなので、体にしっかりと馴染みます。

毎月のサーバー代やメンテナンス費用が無料なのは嬉しいですね。

ただ、基本の配達エリアは東京都と埼玉なので、利用できる人は限られます。

60.京都三岳山麓「京の湧水」

【チェックポイント!】

  • まろやかな味の天然水
  • 赤ちゃんも飲める軟水

ワンウェイウォーターが取り扱う天然水の一種です。

京の湧水は、奥京都に流れる清流を原水としています。

日本人好みのまろやかなお水で、ファンも多いです。

ミネラルバランスもよく、軟水なので赤ちゃんも負担なく飲めることでしょう。

12リットルボトルで1,900円です。

61.九州日田「天寿の水」

【チェックポイント!】

  • 大分日田の希少価値が高い天然水
  • 健康重視の方におすすめ

これもまたワンウェイウォーターが取り扱う天然水です。

天寿の水の採水地は。九州屈指の水郷地である大分日田。

日田の天然水はミネラルに優れており、自然食品から摂取しにくい亜鉛や有機ゲルマニウムなども含んでいます。

弱アルカリ性のお水で飲みやすいので、健康重視の方におすすめ。

値段は12リットルで1,900円となっています。

ウォーターサーバーの選び方の8つのポイント

見てきたように、ウォーターサーバーの種類は非常に豊富です。

そのため、どのように選べばいいのか分からない方も多いと思います。

この項では、ウォーターサーバーの選び方のポイントをまとめました。

毎日使うものなので、あなたに合ったものを選べるようになりましょう。

1.ボトルの交換のしやすさ

ウォーターサーバーは、お水の入ったボトルを設置して使います。

このボトルですが、主にリターナブルボトル・ワンウェイボトル・パック・バッグインボックスの4種類に分けられます。

大きな違いは、リターナブルボトルはボトルを配達員に回収してもらう必要があり、その他は自分でつぶして処理できること。

そのため、リターナブルボトルは使い切った後も、部屋のスペースをとります。

ただ見方を変えれば、ゴミ出しの手間が省けるというメリットがあるのです。

ボトルの種類の他にも、交換のしやすさにも注目しましょう。

一般的なボトルは3ガロン(12リットル)なので、かなり重いです。

女性はもちろん、男性も持ち運びや取り付けに苦労するでしょう。

そこで女性が主にボトル交換を行うなら、スリムボトルを提供しているメーカーを選ぶのがおすすめ。

6リットルや7リットルのボトルだと、通常の半分の重さしかないため、楽々交換できます。

また、スリムボトルだと場所を取らないのもメリットです。

最近は、スリムボトルやボトルを持ち上げることなく設置できるウォーターサーバーを提供しているメーカーが増えているので、設置のしやすさからサーバーを選びましょう。

毎回苦労しながらのボトル交換となると、なかなか続かなくなります。

2.天然水かRO水か

ウォーターサーバーのお水にも種類があるのです。

1つがなじみ深い天然水、もう1つがあまり知らないRO水。

詳しい特徴は後ほど解説しますが、まずは天然水から見ていきましょう。

天然水とは、地下から汲み上げて不純物を取り除いたお水のことです。

基本的にはミネラルが含まれているのが大きな特徴。

水分補給しながら、カルシウムやマグネシウムなどの摂取ができます。

そのため、ミネラルウォーターは健康意識の高い人におすすめ。

次は、RO水について解説します。

RO水とは、RO膜というフィルターで不純物を取り除いた極めて安全性の高いお水のことです。

本当に小さな細菌や不純物を取り除けますが、同時にお水に含まれるミネラルもブロックしてしまいます。

しかし、メーカーによってはろ過したRO水に、人工的にミネラルを加えているところもあります。

もともと水道水などをろ過しているため、価格がお手頃なのも特徴です

安全性や価格にこだわる方はRO水がおすすめ。

3.ウォーターサーバーのサイズ

ウォーターサーバーのサイズを考えるとき、カギとなるのが置き場所です。

例えば、広いリビングに置くのなら大きめのウォーターサーバーでも問題ないですが、狭めのキッチンならサイズ感を考えないといけません。

基本的には、次の条件を満たした場所に置くようにしましょう。

  • 直射日光のあたらない場所
  • フローリングなど頑丈な床の上
  • 感電防止のため延長コードを使わないでいい場所

また、前後左右に10~15㎝のスペースがある場所に置くのが理想です。

これらの条件を頭に入れると、必然的に置き場所が絞られます。

置き場所が決まったら、必要なウォーターサーバーのサイズが判明します。

4.月額の維持費用の安さ

ウォーターサーバーはレンタルという形式になります。

ただし、今はサーバーのレンタル料を無料にしているところが多いです。

デザインや機能にこだわったサーバーをレンタルしない限り、基本的に毎月発生するのはお水の値段でしょう。

そんなお水の値段ですが、多くの方は1本当たりの値段で考えています。

しかし、ウォーターサーバーのお水は最低注文本数が定められており、ボトルの種類によってお水の量も6リットル12リットルと異なります。

そのため、先に毎月飲むであろうお水の量を想定して、その量の中からお手頃なものを選ぶといいでしょう。

また、年に一度5,000円ほどのサーバーメンテナンス費用が発生することも忘れてはいけません。

まとめると、ウォーターサーバーでかかる費用は、レンタル料・お水代・メンテナンス費用の3つ。

固定費のようレンタル期間中は毎月発生するものなので、余裕を持って支払えるものを選ぶようにしましょう。

5.メンテナンス・清掃のしやすさ

ウォーターサーバーは定期的に清掃しなければ、カビが生えるかもしれません。

体の中に取り入れるものなので、衛生的な環境で使用したいですよね。

だからこそ、定期的な掃除が必要なのです。

一番効果的な掃除方法は、こまめに水気をふき取ること。

清潔なタオルで水気を吹くことで、カビの発生を抑えられます。

デザインや機能性がシンプルなものほど、掃除はしやすいです。

また、メーカーの衛生管理もチェックするといいですね。

お水が空気に触れにくい容器を使ったり、カビが繁殖しにくい構造にしたりと、衛生管理に力を入れているメーカーは多いです。

サーバーが汚ければ、綺麗なお水も台無しなので、自動クリーニング機能などの有無は要チェック。

6.機能性・使いやすさ

現在、お水を出すだけのウォーターサーバーは少ないです。

何かしらの機能を備えているウォーターサーバーがほとんどでしょう。

例えば、お子様の安全を守るチャイルドロックは定番の機能となりましたね。

チャイルドロックのなかでも、長押しでお水が出る簡易なものだったり、解除がより複雑になっているものがあったりします。

他にも、炭酸水が作れる機能や省エネ機能がついているサーバーなどもあります。

機能によっては、より便利に、よりお得に使えるようになるので、機能性に注目したサーバー選びをするのもいいですね。

7.おしゃれさ・デザイン性

ウォーターサーバーは大きくて目立ちます。

だからこそ、好みやインテリアに合ったものを選ぶことが大切。

今はおしゃれなウォーターサーバーを提供しているメーカーは多々あります。

グッドデザイン賞を受賞したものだったり、カラー展開豊富なものだったり。

品質や価格などの方が重要ですが、インテリアの一部としてデザイン性に注目するのもいいでしょう。

8.床置きor卓上

多くの方は、床置きタイプのウォーターサーバーをイメージすると思います。

しかし、ウォーターサーバーにはテーブルや棚の上に置ける卓上タイプもあるのです。

それぞれのメリット・デメリットを理解して、あなたに合ったものを選ぶようにしましょう。

まずは床置きタイプの特徴から見ていきましょう。

高さは1m前後で、小学生1~2年生の子供と同じくらいです。

横幅と奥行きもあり多少のスペースは取りますが、注ぎ口は使いやすい高さに設定されています。

また、壁に固定具をつけて使うタイプのものなら、地震や子供の遊びで倒れる心配はありません。

ボトルをサーバーのトップまで設置するのは大変ですが、今はサーバーの下に設置できるものもあります。

床置きタイプがおすすめなのは、こんな人たち。

  • 部屋にゆとりがある
  • 大人だけが使用する
  • 子供が大き

次は卓上タイプの特徴を見ていきましょう。

卓上タイプのメリットは、やはりサーバーがコンパクトなことです。

小さな見た目で、キッチンや棚の上などに置けます。

そのため、あまり部屋が広くない方にはぴったりでしょう。

ただし、重量は床置きタイプと大きく変わらないので、重さに耐えられる場所に置く必要があります。

また、卓上タイプは子供の手が届かないところに置けるというメリットもあるのです。

小さな子供にいたずらされたくない人は卓上タイプがいいでしょう。

しかし、高いところに置くほどボトル交換が大変になるのは要注意。

見方を変えれば、低い場所に置くと楽にボトル交換が行えます。

卓上タイプがおすすめなのは次のような人。

  • 小さな子供やペットがいる
  • 一人暮らし
  • 部屋が狭い

これらの特徴を踏まえたうえで、あなたに合ったタイプのウォーターサーバーを選ぶようにしましょう。

ウォーターサーバーを選んだ時によくある失敗談4選

ウォターサーバー選びで失敗した人は意外と多いです。

ここからは、よくある失敗談とポイントを解説します。

同じ失敗をしないように、ぜひ目を通してください!

1.ボトルが潰せない

小さな子供と赤ちゃんがいるので、安全なお水を飲もうとウォーターサーバーをレンタルしました。

卓上タイプにしたので、子供たちが触って壊す心配はありません。

普段の飲み水からお料理までおいしいお水を使えるようになり、ほぼ大満足です。

唯一後悔しているのが、使い終わったペットボトルがつぶせないこと。

保管している空のペットボトルを、子供が何度もオモチャにしてしまうので、部屋がペットボトルで散らかりっぱなしに。

潰せるタイプのボトルにしておけば良かったです。

【ポイント】

これは小さな子供がいる家庭でよくある失敗です。

子供が空きボトルで遊ぶのはあるあるですが、そこまで考えてウォーターサーバーを選ぶ人はいません。

たまになら問題ないですが、しょっちゅう遊ばれるとペットボトル片付けも面倒になります。

そのため、空のペットボトルで遊ばれる可能性があるなら、潰せるタイプのボトルを選ぶようにしましょう。

2.高さがあって水を設置するのが大変

お水を変えるのがとても大変です。

夫は夜まで仕事なので、私がお水を交換する場合がほとんど。

でも、12リットルの水を1m近くまで持ち上げるので、毎回とても体力を使います。

最近は椅子の上にボトルを置いて一度休憩をはさみ、サーバーにセットするという方法をとっています。

今後はペットボトルを小さくするか、サーバーを変えようか検討中です。

【ポイント】

力に自信のない方や女性はウォーターサーバーの高さは要注意ですね。

高さ約1mある床置きタイプなら、次のいずれかで問題解決しましょう。

  • 下にセットできるウォーターサーバーを選ぶ
  • 重くないペットボトルを選ぶ

卓上タイプなら、あまり高いところに置かないようにするのが一番。

もしくは、床置きタイプと同様にスリムなペットボトルを頼むといいですね。

3.定期的な洗浄が面倒

水の味や使い勝手は大満足ですが、定期的な洗浄が面倒です。

ただ、清潔な水を保つためには頻繁に掃除するようにと、メーカーに言われました。

もう少し洗浄の頻度が少なければ文句なしです。

【ポイント】

ウォーターサーバーを清潔に保つことは重要ですが、人によっては定期的な掃除が面倒だと感じるでしょう。

そんな方は、衛生機能を重視してサーバーを選ぶのがおすすめ。

UV除菌機能や高性能フィルター搭載サーバーなど様々あります。

また、スタッフが定期的に無料メンテナンスしてくれるメーカーもおすすめです。

4.毎回電話で配送しないといけない

お水がなくなったら、注文して配送をお願いしないといけません。

電話してから2~3日後には届きますが、待っている間にお水が切れてしまうと大変不便です。

なにより、毎回電話するのが面倒でしかたありません。

定期配送の方が、計画的にお水も使えるので、便利かなと思っています。

【ポイント】

ほとんどのメーカーが定期配送を行っていますが、なかには電話配送を行っているところもあるそうです。

電話配送のデメリットは次の通り。

  • 毎回電話をかけなければいけない
  • 届くまでに水が切れる可能性がある

そのため、毎月指定された日に届く定期配送がおすすめです。

配送日と量は自由に変更できるので、基本的には定期配送を選ぶようにしましょう。

ウォーターサーバーについて知っておきたい最低限の知識4選

意外とウォーターサーバーは奥が深いです。

ウォーターサーバー選びで失敗しないためには、ある程度の知識を持っておくことが大切。

そこでここからは、最低限知っておきたいウォーターサーバーの知識について解説します。

1.天然水とRO水の違いやメリット・デメリット

天然水とRO水については簡単に解説しましたが、ここからはさらに深く見ていきましょう。

RO水は、不純物を徹底的に省き、人工的にミネラルなどを加えた水のことでしたね。

人工と天然を比べると、どうしても天然の方が良い、と思い込んでしまいます。

しかし、天然水には環境汚染による汚染物質が含まれる可能性があります。

もちろん、その可能性は極めて低く、万が一含まれたとしても基準値を超えることはないでしょう。

一方で、RO水なら測定できる範囲内で汚染物質が含まれることはありません。

とにかく安全性が高いのがRO水の特徴なのです。

また、人工的にミネラルを加えられるという点で、味も安定しています。

誰もがおいしいと感じる味になっているでしょう。

デメリットとしては、RO水は廃棄できないボトルで配送される可能性が高いことが挙げられます。

そのため、スタッフが回収に来るまで、家にボトルを保管しておかなければいけません。

ただ、天然水も良いところがたくさんあります。

天然水とは、富士山のふもとなど特定の水源から採水した水を、最低限のろ過と殺菌を施したものです。

最大の特徴は、味に深みやまろやかさがあることでしょう。

RO水の味は、ある意味で万人受けする無難な味。

一方、天然水の味は人工的に作れない美味しさがあります。

採水地によって味が変わるのも天然水ならではの特徴ですね。

ナチュラル志向の方や特定の採水地の味が気に入っている方は、天然水の方がいいかもしれません。

RO水と天然水は、どちらが優れているとは言えません。

一長一短なので、あなたに合ったお水を選ぶようにしましょう。

ただ、赤ちゃんの粉ミルクを考えているなら、RO水の方がいいかもしれません。

ミネラルを多く含む天然水や硬水だと、赤ちゃんの負担になるからです。

日本の天然水のほとんどは軟水ですが、赤ちゃんの安全性にこだわるならRO水が良い選択肢となるでしょう。

2.最新の高機能ウォーターサーバーは何がすごい?

ウォーターサーバーの性能も日々進化しています。

最新の高性能ウォーターサーバーは、使いやすさや安全性が格段にアップしているのです。

ここからは、5つの最新性能を簡単に解説します。

1つ目がタッチパネル搭載のウォーターサーバーです。

ボタンを押すだけの直観的操作で簡単に使用できます。

また、LEDランプ搭載のものだと、見るだけでお水が不足しているかどうか確認できます。

2つ目が自動スリープ機能。

搭載された光センサーが、部屋の明かりを感知します。

誰も使用していない真っ暗な状態だと、自動でヒーターの電源がオフになるので、電力を抑えられるでしょう。

3つ目がUV除菌ランプ。

殺菌力のあるUVランプを搭載することで、菌の発生を防ぐのです。

4つ目は、炭酸水を作れるウォーターサーバー。

健康志向の方や自宅でよくお酒を飲む方にとっては嬉しい機能ですよね。

そして最後5つ目が、温度調節機能搭載のウォーターサーバーです。

ボタンを押すだけで、お湯の温度を調節できます。

例えば、赤ちゃんの粉ミルクを作る時や料理で温水が必要な時などに便利ですね。

このように、新しいウォーターサーバーは様々な機能を備えています。

便利なので、ライフスタイルに合った機能のサーバーを選ぶといいでしょう。

3.2つの配送方式~ワンウェイとリターナブル

ウォーターサーバーの配送方式は、ワンウェイとリターナブルの2種類です。

ワンウェイとは英語で「片道の」や「一方向の」という意味で、業者からお客さんにボトルを届けるだけの方式。

つまり、潰してボトルを処分できる配送方式ですね。

対して、リターナブルは業者がボトルを配送するだけではなく、回収もする配送方式です。

リターナブルではボトルを潰して捨てることはできません。

そのため、スタッフが回収にくるまで、使い切ったボトルが家のスペースを取ります。

多くの方がワンウェイに魅力を感じますが、知っておくべきデメリットもあるのです。

まずボトルを捨てるときは、キャップとボトルを分別しなければいけないこと。

また段ボール箱に入って配送されると、ゴミの量が増えてしまいますね。

これらは小さなものですが、1つ大きなデメリットもあります。

それが、ワンウェイボトルを提供するメーカーの多くは、無料で定期メンテナンスサービスを行っていません。

実施するとしても、有料のメーカーがほとんど。

ウォーターサーバーを衛生的に保つためにも、プロによる定期的なメンテナンスがあった方がいいです。

方式選びで迷うかと思いますが、メリット・デメリットを考慮して、じっくり検討しましょう。

4.ウォーターサーバーを利用する際にかかるランニングコスト

ウォーターサーバーを利用すると、水代やサーバーのレンタル代のほか、電気代、メンテナンス代などもかかるのです。

ここからは、ランニングコストについて解説していきます。

水代

ウォーターサーバーにかかる水代は、メーカーやボトル種類、そして内容量などで異なります。

そのため、毎月かかる料金は本当に人それぞれです。

少しでも安く抑えたい方は、メーカーの比較をするようにしましょう。

配送料

多くの方がお水の送料が気になると思います。

毎月数百円でも、数年単位で見ると大きな額となります。

幸いなことに、配送料は水代に含まれるケースが多いです。

配送料が有料なメーカーは、本もしくは箱単位で配送料が計算されます。

電気代

ウォーターサーバーは常に電源を入れておくのがおすすめ。

というのも、電源を入れっぱなしにすることで、いつでも冷たい/温かいお水が飲めるほか、安全性も保たれます。

1日中つけっぱなしにした場合の電気代は、1か月で600~1,000円ほどです。

ポットの月の電気代が1,000円ほどと考えると、かなりお手頃な価格だと思います。

また、省エネ機能がついたサーバーだと、電気代はさらに安くなります。

メンナンス代

ウォーターサーバーの安全性を保つためには、半年に1回のメンテナンスが理想です。

メンテナンス代はメーカーによって異なりますが、基本的に無料から5,000円の範囲内で収まるでしょう。

サーバーのレンタル代

ウォーターサーバーのレンタル代は、メーカーや機能などで異なります。

しかし、サーバー代は高くても月1,000円ほど。

レンタル代は毎月発生するので、機能やニーズに合っているのかちゃんと見極めましょう。

利用人数別!ウォーターサーバーの月額費用の目安

ウォーターサーバーを利用すると、どれくらいお金がかかるのか気になると思います。

そこでここからは、パターン別にウォーターサーバーの月額費用の目安を紹介します。

一日に必要な水分量は人によって異なりますが、一般的に成人は約2.5リットルを摂取する必要があるのです。

食べ物にも水分は含まれているため、最低でも約1.2リットル水分補給するようにしましょう。

健康や美容意識の高い方は、1日2リットルを目標にするといいですね。

そして、気になる水の値段は12リットル1,800円とします。

それでは、月額費用目安を見ていきましょう!

一人暮らし

一番コストを抑えられるのは一人暮らしの方でしょう。

水分補給目的だけなら月36リットル、料理などにも活用するなら40~50リットルが目安になると思います。

ただし、実際に36リットルも消費する人は少ないです。

そのため、24~36リットルの注文とすると、月額費用は3,600~5,400円。

加えて、サーバーの電気代が700円とするなら、毎月かかる費用は4,300円以上となります。

夫婦

夫婦もそれほど大きなコストはかかりません。

1人当たり1日1.5リットルとすると、2人で必要な水の量は1か月約90リットルです。

そのため、1か月の水代にかかる費用は、12リットル8本×1,800円の14,400円となります。

電気代も合わせると、約1万5千円ですね。

ただ、これは少し高く感じるかもしれません。

毎日夫婦ともども職場に1.5リットルのペットボトルを持っていくなら別ですが、そうでないなら月90リットルも消費できないでしょう。

夫婦2人暮らしでも月24~36リットルで十分という方は多いです。

その場合は、水代が3,600~5,400円になります。

夫婦と子供2人

ウォーターサーバーの利用者の多くが、子供がいる世帯です。

水の消費量は家庭によって大きく変わります。

例えば、乳幼児なら月24~36リットルで十分でしょうが、子供が中高生なら48リットル以上必要となるでしょう。

平均的には月48リットル注文する方が多いです。

初めは36~48リットルと少なめに注文して、必要に応じて追加注文するといいですね。

もし48リットル注文したなら、毎月のコストは7,200円と電気代600~800円の約8,000円となります。

いつでも清潔でおいしい水が飲めると考えたら、それほど高くはないと思われます。

大人10人以上(オフィス使用)

もともとウォーターサーバーは、オフィス向けに開発されたものです。

いつでも冷たい水が飲め、温かいお湯でコーヒーやカップラーメンなども作れるので、社員にも喜ばれるでしょう。

水の利用料ですが、20人の社員が毎日1人1杯(200ml)ずつ飲んだとすると、月120リットル必要となります。

つまり、12リットルのペットボトルを頼むとすると、月10本の1万8千円と電気代が月のランニングコストです。

エコ機能付きのサーバーを借りれば、電気代はかなり抑えられるでしょう。

ただ、これはあくまでも目安で、来客用などに使ったりするなら、さらに多くの水が必要となります。

そもそもウォーターサーバーは必要?利用するメリット・デメリット

ここまで読んできたものの、そもそもウォーターサーバーは必要?と疑問に思っている方もいるでしょう。

コストだけ見るなら、1本100円のペットボトルを買ったほうが安いかもしれません。

しかし、ウォーターサーバーを利用するメリットは数多くあるのです。

ここからは、ウォーターサーバーのメリット・デメリットを紹介するので、本当に必要かどうか見極めましょう。

ウォーターサーバーを利用するメリット

まずはウォーターサーバーを利用するメリットを見ていきましょう。

おいしい水が飲める

やっぱりおいしい水が飲めるのは大きなメリットですよね。

おいしいお水が常にあると、自然とお水を飲む習慣がつきます。

コーヒーやお茶などでもいいですが、やはりお水ほど健康な飲み物はありません。

特にウォーターサーバーのお水は、人間に必要な五大栄養素の一つミネラルを摂取できます。

このミネラルが美味しさと健康効果の秘密です。

子供がいる家庭では、子供がジュースの代わりに水を飲むようになったとの声も多くあります。

冷たくておいしい水が家にあるだけで、家族全員が健康的な生活を送れるようになるのです。

すぐに冷たい水or温かいお湯がのめる

ウォーターサーバーの利便性の1つに、すぐに冷たい水と温かいお湯が飲めることが挙げられます。

暑い日に、帰宅してすぐに冷たいお水が飲めれば、ペットボトルが冷蔵庫のスペースととることもありません。

また、温かいお湯がすぐに出てくるのはとても便利です。

例えば、朝起きてコーヒーやお茶を作るために、ポットにお水を入れて待たなくてよくなります。

カップにコーヒー粉末を入れて、サーバーからお湯を注げばいいだけですから。

80度以上のお湯が出るので、カップラーメンやインスタント味噌汁もあっという間に完成。

このお湯の機能は、一人暮らしや忙しい社会人の方に喜ばれています。

もちろん、お湯部分にはチャイルドロック機能がついているので、小さなお子様が触っても安心です。

料理がおいしくなる

簡単に料理を美味しくしたいなら、天然水を使うのがおすすめ。

多くの方は水道水を使って料理をしていると思いますが、水道水には消毒のため塩素が含まれています。

一度ミネラルウォーターと水道水を飲み比べてみてください。

水道水は少し臭いが気になると思いますが、それは塩素が原因です。

ミネラルウォーターは塩素が含まれておらず、バランスよくミネラルが配合されているので、料理の味を美味しくします。

また、硬水と軟水で合う料理も変わってきます。

基本的に、和食は軟水との相性が抜群にいいです。

特に軟水のミネラルウォーターで、お米を研いで炊くと、ふっくらとして程よく粘り気のあるご飯になります。

一方で、硬水はお肉の煮込み料理などと合うのです。

ウォーターサーバーを利用することで、いつもの料理が一層美味しくなるでしょう。

美容・健康面でもメリットが多い

美容や健康意識が高いモデルや女優は毎日たくさんのお水を飲んでいます。

私たちの体の約60~65%はお水が占めているのです。

体内に取り込まれた水は、血液となり栄養素を全身に送り、老廃物は体外に排出します。

お水は重要な働きをする一方、水分不足になると体に様々な不調が生じるのです。

例えば、水分不足の体内では血中濃度が高くなり、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなります。

生活習慣病を始めとするあらゆる病気の予防になるだけではなく、お水は美容面にもメリットをもたらします。

美肌を保つためには、化粧水などで肌から水分補給することも大事ですが、同時に体の内側も潤してあげなければいけません。

お肌がプルプルの乳幼児は、体の約85%が水分だと考えれば、美肌とお水の関係性がよくわかるはずです。

また、毎朝起床した時にお水を飲むことで、腸が目覚めて便秘解消につながれば、食事前の1杯でダイエット効果もあります。

このようにお水がもたらす美容健康効果はたくさん。

バランスよくミネラルを含んだお水を飲んで、体の内側から健康的な生活を送りましょう。

緊急時の水の備蓄にもなる

現在は全国どこでも地震や台風などの災害リスクがあります。

被災した時に、重要となるのが水分の確保です。

ひどい災害となった場合、水が復旧するまでに数日から1週間以上かかってしまいます。

その時に、水を用意していなければ生活が難しくなるでしょう。

災害時は大人1人につき2~3リットルの飲料水が必要と言われています。

そのため、普通のペットボトルで準備するのなら、たくさん購入しなければいけません。

その点、ウォーターサーバーは災害時にも大活躍。

7リットルや12リットルのボトルなら、大きな場所を取ることもなく、約4人分の飲み水を確保できます。

日常生活とは別に、12リットルのボトル3~4本保管しておけば、災害が起きても飲み水の心配は不要です。

ウォーターサーバーを利用するデメリット

ここからは、デメリットを解説していきます。

デメリットも理解したうえで、利用するかどうか決めるようにしてください。

維持費が高い

ウォーターサーバーのランニングコストが高いと思う方もいるでしょう。

純粋に水だけの値段で考えるなら、ペットボトルの天然水を買ったほうが安いです。

ネットサイトなどを調べると分かりますが、18リットルを約1,000円で購入できます。

一方、ウォーターサーバーだと12リットル1,500~1,800円が相場です。

水代に加えて、電気代やメンテナンス費用もかかりましたよね。

もちろんウォーターサーバーには、いつでもお湯や冷たいお水が飲めて、買いに行く必要がないなどのメリットもありました。

ただ、純粋なお水代だけで考えるなら少し割高です。

捉えようによっては、大きなデメリットになるでしょう。

ボトルの交換が面倒

ボトルの設置場所によっては、毎回交換するのが重労働と感じるかもしれません。

このデメリットを回避するには、事前にボトルやサーバータイプを要検討するのが一番です。

なるべくボトル交換で負担がかからないメーカーを選びましょう。

配達の頻度に縛りがある

ウォーターサーバーの配達頻度は決まっています。

例えば、2週間に1回4本のボトルを配達してもらうように、事前に決めるのです。

配達されるボトルの数は自由に増減できますが、配達頻度は変更できません。

少なめに注文したものの、1週目で使い切ってしまえば、翌週まで待たなければいけません。

ボトルの配達頻度はメーカーによって異なります。

できる限り2週間に1回など、月に複数回配達してくれる業者を選ぶといいですね。

解約時に違約金がかかる

解約前提で加入する人はいないと思います。

しかし、ウォーターサーバーは解約するときに、違約金がかかる可能性が高いです。

メーカーによって解約金がかからない条件は異なります。

一般的には2年以上利用すると、解約金はかからないです。

解約金額はメーカーや利用期間で異なり、高ければ1万円以上かかります。

解約する可能性はゼロとは言えないので、事前に解約金の発生条件と金額を確認しておきましょう。

定期的な掃除が面倒

清潔なお水を得るためにも、ウォーターサーバーの定期的なお掃除は必須です。

ボトル差し込み口、出水口、水受け皿は週に1回は丁寧に掃除したいところ。

また、それに加えて使用するたびに飛び散った水気をふき取ると完璧です。

どれも手間がかかりはしませんが、一人暮らしや育児・仕事などで忙しい方は、面倒と思われるかもしれません。

ウォーターサーバー利用者の感想や評判・口コミ

ここからは、実際にウォーターサーバーを利用した人の感想や口コミを紹介します。

使って良かった点や悪かった点などのリアルな声を見ていきましょう!

ウォーターサーバーを利用した人の良い評判・口コミ

子供たちがジュースの代わりにお水を飲むようになりました!

小さな子供たちにおいしいお水を飲んでほしいと思い利用しました。

いつでも冷たくておいしいから、子供たちも積極的に水分補給するように。

ジュースよりもお水を飲むようになったので、健康にも嬉しい限りです。

また、子供たちが自分でお水を注げるのもグッドポイント。

これまで私が家事仕事を中断しなければいけませんでしたが、今では子供が自分でお水をくんでいます。

離乳食にも安全なお水を使っています

赤ちゃんの粉ミルクや離乳食、私たちのコーヒー作りなどに大活躍しています。

赤ちゃんがお腹が空いて泣いているとき、粉ミルクができるまでの少しの間、待ってもらわなければいけませんでした。

でも今ではウォーターサーバーがあるので安心!

温度調節機能があるサーバーを借りたので、すぐに粉ミルクにぴったりの温度のお湯が出てきます。

離乳食にも使えるので、ウォーターサーバーを借りて本当に良かったです!

朝ご飯が楽になりました

あんまり飲まないかもなあと思いつつも、試しに導入してみたらびっくり。

本当に水を飲む量が増えました!

何より、一人暮らしなので朝ご飯や晩御飯の準備がとっても楽に。

すぐにお湯が出るので、コーヒーや味噌汁、カップラーメンなどさっと作れています。

それで月5千円以下なので、かなりコスパがいいです。

ウォーターサーバーなしでは生きられない

ウォーターサーバーは毎日大活躍しています。

子供の水分補給やコーヒー作り、お料理のときまで使っているので、これなしでは生きられません!

とくに料理のときに大活躍です。

家族全員お米が大好きなので、ふっくらしたご飯を毎日食べられるのは嬉しい限り。

お湯の調整も簡単にできるから、お料理の時は本当に重宝しています。

ウォーターサーバーを利用した人の悪い評判・口コミ

水が注ぎにくい

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを導入しました。

一人で使う分には問題ないのですが、赤ちゃんをあやしながらだと水が注ぎにくいです。

レバー式にしてしまったので、片手操作ができません。

ボタン式にしておけば良かったです。

給水口の高さが低いと不評

社員のためにウォーターサーバーを導入しました。

多くの人に喜んでもらっていますが、背の高い社員からは給水口が低いと不評です。

とくに腰痛持ちの社員は、腰を曲げる動作だけでも負担になっているよう。

一度解約をして、給水口の高いサーバーに変更しようかと考えています。

デザインがインテリアとマッチしない

ウォーターサーバーの機能自体には文句ありません。

ただ、ボトルが上に乗ったサーバーが部屋の雰囲気と合わないような気がします。

インテリアにはこだわっているので、どうしても大きな家電を置いている印象が強いです。

もう少しおしゃれなデザインのサーバーがあればなと思いました。

ウォーターサーバーに関するギモンをまとめて解決!

最後にウォーターサーバーに関するよくある疑問にお答えします。

ペットボトルサーバーって何?

ペットボトルサーバーはウォーターサーバーの種類の一つ。

設置するのは、宅配されたボトルではなく、市販のボトルなのが大きな特徴です。

市販のボトルを設置さえすれば、冷水もお湯も使えるようになります。

また、レンタルの代わりに1万円ほどかけて購入するのも異なる点ですね。

なかなか魅力的のように思われますが、正直なところあまりおすすめできません。

おすすめできない理由はいくつかありますが、大きな理由が衛生的ではないからです。

ウォーターサーバーとは異なり、ペットボトルサーバーは自動洗浄機能など搭載していません。

プロによる定期的なメンテナンスもないので、サーバーの内部で雑菌が繁殖しています。

安全でおいしいお水が飲めないのは大きなデメリットです。

その他にも、次のようなデメリットがあります。

  • 初期費用が高い
  • 冷水が冷たくない
  • 容量が少ない
  • 水漏れする可能性がある

このように、ペットボトルサーバーには数多くのデメリットがあります。

ほぼ同じ金額を支払うのなら、ウォーターサーバーの方がずっとおすすめです。

水道直結のウォーターサーバーって実際どうなの?

水道に直接つけるウォーターサーバーもあります。

仕組みは、水道水をサーバーに搭載されたフィルターで浄化するというもの。

簡単に言えば、水道水をさらに綺麗にするシステムですね。

もちろん、冷水とお湯機能はついています。

水道直結のウォーターサーバーのメリットは、水代が安いことです。

ボトルを設置する必要がなく、水道代=水代となります。

そのため、毎月水を大量消費する方なら、水道直結タイプがおすすめです。

また、ボトルを設置する手間がなければ、ウォーターサーバーと同じく自動洗浄機能も搭載されています。

そんな水道直結タイプにもデメリットはあります。

まずミネラルウォーターが飲めないということ。

あくまでも水道水をろ過して安全にするだけで、ミネラルが加えられることはありません。

ミネラルウォーター特有のおいしさや健康美容効果、料理を美味しくするなどの効果は得られないので注意しましょう。

また、初期費用と解約費用が高めで、毎月サーバーのレンタル料も発生します。

水代こそ割安ですが、レンタル料などは高めなので、たくさんお水を使わなければ損します。

月50リットル以上使う方で、ミネラルウォーターにこだわりがなければ、水道直結タイプを検討するといいでしょう。

ウォーターサーバーを解約したいときはどうすればいいの?

もしウォーターサーバーを解約することになったら、どうすればいいのか気になりますよね。

解約方法はメーカーによって異なります。

もし「解約したい!」と思ったら、すぐにメーカーのカスタマーサービスに電話しましょう。

ほとんどのメーカーは、電話をすることで解約手続きの案内をしてくれます。

また、その際に違約金額やサーバーの返却方法なども教えてくれるはずです。

ウォーターサーバーの料金は自動引き落としが多いので、早めに連絡しなければ、また1か月間無駄なお金を支払うことになります。

ウォーターサーバーが壊れたら誰に修理を頼めばいい?

万が一、ウォーターサーバーが故障したら、必ず業者に修理依頼をしましょう。

ウォーターサーバーは繊細で複雑です。

自分で修理を試みると、さらなる破損を招く可能性があります。

気になる修理料金ですが、それはメーカーがどう判断するかによります。

例えば、経年劣化や通常使用範囲における修理や故障なら、メーカーが無料でサーバーを交換してくれるでしょう。

しかし、子供のいたずらや乱暴な使い方などが原因なら、修理費用の負担が発生します。

大事なことは、サーバーが故障したら、速やかに業者に連絡すること。

まとめ

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

ウォーターサーバー選びで重要なポイントをもう一度確認しましょう。

  • ボトルタイプ
  • RO水それとも天然水?
  • 機能やデザイン

今回見てきたように、多くのメーカーがウォーターサーバーを提供しています。

まずは、水や電気代、利用目的(例:赤ちゃんのため)などどれにこだわるのか決めましょう。

そうすることで、あなたに合ったサーバーはかなり絞れます。

もし迷った方は、記事の冒頭で紹介したウォーターサーバーランキングを参考にしてください。

どれもおすすめなので、気に入ってくれると思います!